喪服の買取は可能?買取業者や相場、高く売れるポイントをご紹介

着ていない喪服やサイズが合わなくなった喪服を買取に出したいけれど、「普段着と違って売るのが難しそう…」とお悩みではありませんか。この記事では喪服の買取を行っている業者の種類や買取相場はどれくらいなのか、また高く売るためのポイントなどを紹介しています。

齊藤数馬

着物買取ならバイセル

喪服の買取は可能?買取業者や相場、高く売れるポイントをご紹介

喪服は高額なものが多いため、使わないものでも捨てられずに残している方や、売り方が分からず困っている方も多いのではないでしょうか。

処分できずに場所をとっている喪服も、実は業者などに買取に出すことができます。

今回は、タンスに眠っている使わない喪服について、どうすれば買い取りしてもらえるのか、どこに買い取ってもらえるのかを、高く買い取ってもらえるポイントとともに紹介します。買取希望の不要な喪服があるときの参考にしてみてください。

喪服は買取可能な品物?

喪服は買取可能な品物?

不要な喪服や礼服を売りたいときに気になるのが、実際に買取してもらえるかどうかです。

喪服は普段着とは異なり日常的に着る機会がなく、シーズンごとに頻繁に買い替えるものでもありません。

そんな喪服は買取してもらえるのかどうか、気になる点をいくつか確認していきましょう。

喪服を買取している業者はいる?

喪服は毎日着ている普段着とは異なり、葬儀や法事など着る場面が限定される衣服です。

衣類は需要がある場合には高額な査定額がつきますが、需要が少ないものは高額での買取は難しいでしょう。

とくに和装の喪服は、着用するシーンが限られることから、需要はあまり高くありません。

そのため、業者のなかには喪服の買取をしていなかったり、無料で引き取りだけを行っていたりするところもあります。

また着物の取り扱いが少ない業者では、普通の着物は買取しているけれど喪服の買取は不可ということも珍しくありません。

しかし事前に買取項目をしっかり確認して、業者を選べば喪服を売ることは充分に可能です。

家紋が入っていても喪服を売れる?

和装の喪服には、家紋が入ったものと入っていないものとがあります。

家紋が入っている喪服には、正喪服の五つ紋、準礼装の三つ紋、略礼装の一つ紋などがあり、家紋が入っている数が多いほど格が高くなります。

以前は、嫁入り道具として実家の家紋入りの喪服を準備したり、嫁ぎ先の家紋を描き足せる「石持(こくもち)」の喪服を準備したりすることが多かったため、売りたい喪服が家紋入りだという方も多いかもしれません。

家紋の使い方については地域差があるため、実家と嫁ぎ先どちらの家紋を使うのが正しいかは一概にいえませんが、どんな場合でもその人に関係のない家紋が入った喪服を着ることはありません。

つまり家に関係する家紋が入っている喪服の場合は、その家紋を使える人が限定されてしまうため、需要が少なくなり買取も難しくなります。

家紋には誰でも使える「五三の桐」のような共通の紋があり、使うべき家紋が分からない場合や家紋の種類にこだわらなくてもよい場合は、共通の紋を入れることがあります。

売りたい喪服に共通の紋が入っている場合は、家紋が限定されなくなり多くの方が使用できるため、特定の紋が入っているときよりは買取してくれる業者も多くなるでしょう。

また、紋が入っていても、高品質な喪服は買取してもらえる可能性が高くなります。

家紋は紋消しをしてから、新しい家紋に入れ替えることができるからです。

入れ替えの手間や費用がかかっても、高品質な喪服を安く購入したい人は中古を選ぶことがあります。

紋入りでもそれなりの需要が見込めるため、比較的高い査定額がつくのです。

喪服の買取を行っている業者の種類

喪服の買取を行っている業者の種類

実際に喪服を買取している業者には、買取専門店や古着屋などがあります。

買取業者にはそれぞれ特徴があり、得意・不得意分野が異なります。

業者の強みをきちんと押さえてからどこに売るかを決めるのが、高額査定を狙うポイントです。

買取専門店

一番おすすめの買取先は「買取専門店」です。

買取専門店には、店舗を持つ業者と宅配で買取をしている業者があり、自分の都合に合わせて使いやすい業者を選べます。

特にインターネットで買取している業者は、店舗の運営費用がかからないため、店舗を持つ業者よりも買取額が高くなることが多いようです。

また、海外などに独自の販売ルートを持っている買取専門店は、買取価格の相場がリサイクルショップや古着屋よりもずっと高くなる傾向があります。

さらに買取専門店にはブランド着物などの知識を持ち、価値をきちんと査定できるスタッフが在籍していることが多く、人気の高いブランドの喪服などは高額査定が狙えます。

数千円程度だろうと考えていた喪服に、数万円の査定がつくこともあるかもしれません。

また無料査定を実施している業者も多いため、とりあえず査定金額だけ知りたい方でも気軽に問い合わせができます。

ただし、業者によって査定額が変わってくるため、1店舗だけ見て決めるのではなく、いくつかの店舗に査定を依頼するようにしましょう。

一番高い査定額を出してくれた業者に売却するのがおすすめです。

リサイクルショップ

リサイクルショップでは、家電や食器、文具などさまざまな中古品を買取しています。

しかし、喪服はどのショップでも買取ってもらえるわけではなく、中古の衣類を取り扱っている店でのみ買取ってもらえる品目です。

リサイクルショックの場合、直接喪服を持ち込めば、その場で買取額を出しもらえます。

査定に納得いかないときは、もちろん持ち帰ることも可能です。

ただし、幅広い商品を取り扱っているというリサイクルショップの性質から、スタッフの専門性はあまり期待できません。

価値の高い喪服でも、他の古着と同じように扱われ、高値がつきにくい傾向があります。

古着屋

ブランド品や一般的な洋服や和服などを取り扱っている古着屋でも、喪服を買取ってもらえることがあります。

しかし普通の着物の買取には対応していても、喪服や礼服は買取っていないお店も多いため、古着屋に売りたいと思っている場合には、持ち込む前に喪服の買取が可能かどうかを電話などで確認したほうがよいでしょう。

古着屋の場合も、喪服が買取可能品目であれば、その場で査定をしてもらえ、即日現金で受け取ることが可能です。

着物買取のバイセル

喪服の買取相場はいくら?

喪服の買取相場はいくら?

喪服の買取価格には基本的な相場があります。

喪服には洋装と和装があり、洋装の場合と和装の場合で買取相場は異なります。

洋装喪服の買取相場

現在では喪服に洋装を選ぶ方が多いため、スーツやワンピースなどの洋装の買取相場は和装よりも高額になりやすい傾向です。

とはいえ喪服は中古品で購入する人は少ないため、元の値段が高いものでも買取相場は3,000円から1万円程度が一般的です。

ただし喪服が人気ブランドの品かどうか、状態の良し悪しなどによって相場より高めの金額で買取されることもあります。

和装喪服の買取相場

和装喪服には、年月が経ってしまい色あせやシミなどができているケースがよくみられますが、この場合は買取額が低くなります。

喪服を購入したときの値段も多少は買取額に影響しますが、基本的には元値よりも高い査定額となることは少ないでしょう。

和装喪服の買取相場は、人気のブランドで色あせやシミがない保存状態のよい品で2,000円~4,000円、ブランド品でない場合は喪服の品質や状態などから判断して数百円~2,000円程度が一般的です。

喪服を高く売るためのポイントは?

喪服を高く売るためのポイント

ちょっとしたポイントを押さえるだけで、喪服を相場より高く買取ってもらうことができます。

買取に出す際には、販売業者の選び方や査定を依頼するときの喪服の状態など、高く売るためのポイントを事前に知っておくことが重要です。

準備を整え、少しでも高い査定額をつけてもらえるようにしましょう。

喪服をいい状態で保管しておく

買取額は喪服の状態によって上下することは前述しました。喪服の深く黒い色は、年月が経つと徐々に色あせてしまいます。

当然、色あせた喪服は買取額が下がるため、日頃から保管方法に注意する必要があります。

喪服の劣化を防ぐには、カビが生えないように湿気を避けて、喪服に色あせの原因となる紫外線が当たらない状態で保管するのが基本です。

また、忙しい弔事のときには、気をつけていても汗や食事などの汚れがつきやすいでしょう。

たとえ短い時間であったとしても、着用したあとはクリーニングに出すなどのお手入れが重要です。

汚れをしっかり落とさないで保管していると、喪服に残っていた汚れからシミや変色が生じます。

メンテナンスや保管方法がしっかりしていると、喪服の色や素材をよい状態で保てます。

汚れが少なくきれいな状態を保っている喪服は、査定時の評価が上がり、高額買取が期待できるでしょう。

小物と一緒に査定を依頼する

和装喪服を着るときには、着物に合ったバッグや帯、草履などが必要です。

実際に、突然葬儀に出ることになった場合、喪服だけでなく必要な小物が揃っているものを買いたいと思う方は多くいます。

喪服は使うときに必要なセットが揃っているほうが売りやすい傾向があります。

真珠のネックレスや数珠、ネクタイなど葬儀に必要な小物が揃っているときは、一緒に査定に出すようにしましょう。

小物と一緒の方が高額買取につながることが多くあります。

バイセルに買取を依頼する

高価な喪服は、専門知識のある買取業者に買取を依頼することをおすすめします。

着物買取業者の「バイセル」は、ブランドや品質について詳しいスタッフが在籍しているのが人気の理由です。

喪服の価値を見極めた正しい買取額を提示してもらえるでしょう。

さらに独自の流通ルートを持っていることも、高額査定が可能な理由の一つです。

対応サービス 宅配買取・出張買取・持込買取
電話問い合わせ有無 あり
サービスの特徴
  • お問い合わせ・お申し込みから最短で即日対応可
  • 査定料、送料、出張料などの手数料が無料
  • 査定経験豊富な査定員や女性スタッフが対応
  • 電話・WEBで申し込みや問い合わせ可能

  • バイセルで喪服を無料査定する
    着物買取のバイセル

    まとめ

    まとめ

    喪服は中古の需要が少ない品物です。そのため、買取している業者は少ない傾向があります。

    喪服の買取を行っている業者には、買取専門店やリサイクルショップ、古着屋などがあるので、自分の使いやすい業者を選ぶようにしましょう。

    また喪服の買取相場は、喪服のブランドや保存状態、買取業者によって違います。

    喪服をなるべく高値で買取に出したい場合は、喪服をよい状態に保っておくのが鉄則です。

    カビが生えたり色あせしたりしないように喪服を管理し、品質や価値に深い知識がある専門性の高い買取業者に査定を依頼すると、高額買取につながりやすいでしょう。

    高く売れるドットコムマガジンをご覧になった方へ

    業界最大級の高価買取サービス|高く売れるドットコム

    業界最大級の買取サービス「高く売れるドットコム」を利用しませんか? 買取対象品は家電、楽器、カメラ、オーディオ機器、フィギュアはもちろん、貴金属や骨董品まで幅広く対応しています。

    全国に買取店舗があり、持込による店頭買取査定を受けることも可能です。東京、大阪、福岡、北海道など主要都市で店舗を運営しています。

    ウェブで買取価格がすぐにわかる無料事前査定が好評。全国のリサイクルショップへ一括査定が可能な「おいくら」へも同時に申し込み可能です。

    上場企業が運営する買取サービスをぜひお試しください。

    簡単60秒の無料査定はこちら

    ※調査実施:株式会社ショッパーズアイ ※調査方法:インターネット調査
    ※調査期間:2020年1月31日~2月2日 ※調査対象:1044名、男女20〜79歳
    ※調査概要:家電買取サービス10サービスを対象にしたサイト比較イメージ調査
    ※比較対象企業:''家電買取サービス'' Google検索 (2020年1月23日 時点)

    齊藤数馬 / 編集長
    齊藤数馬 / 編集長

    買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。

    関連キーワード