中古自転車の買取|相場の目安を知って少しでも高く売ろう

「新しい自転車を買い替えるために今の自転車を売りたい」「売りたいけれどどうすればいいのか」「今の買取価格の相場は一体いくらなのか」など、自転車を売ろうとしたとき、わからないことは多いですよね。大切に乗ってきた自転車を売るのであれば買い取ってもらうとき少しでも高く売りたいものです。そのためには、売る際のいくつかの注意点を考慮しなければなりません。一つ一つ確認していきましょう。
中古自転車の買取|相場の目安を知って少しでも高く売ろう

昔はよく自転車に乗っていたのに、社会人になってからは車通勤になり、実家に置きっぱなしにしている自転車はありませんか?場所も取ってしまいますし、捨てて破棄料をとられてしまうくらいなら買い取ってくれるところを探したほうがよいでしょう。

しかし、自転車の種類によって買取価格はだいぶ変わっていきます。今後自転車を売ろうと考えている方、また、今自分の自転車はいくらの価値があるのかを知りたい方に、わかりやすく解説していきます。

自転車の種類別買取相場

自転車の種類によって売買相場が変わってきます。今現在、自転車を売ろうと思っていなくても今後売るにあたって、相場を見ていきましょう。

※メーカーや状態、査定時期、店舗により相場は常に変わります。あくまで参考までにご覧ください。

ロードバイクは購入額の40%程度

ロードバイクは購入額の40%程度

今や、ロードバイクはアウトドア目的ではなく、通勤に使用されている方が増えたため、人気もうなぎ上りです。そして、ショップとの売買のやりとりも、競争率が高くなってきました。値段もピンからキリであり、50,000円台で買えるものから、100万円を超えるものもあります。

プロショップでは、大体相場で10~30%の買取額になっています。また、リサイクルショップですと、専門知識を持っている方が少ないので、もう少し買取価格が低くなるといわれています。

高年式のロードバイクであれば、状態がよければ、プロショップでは最大40%の買取価値がつきます。しかし、プロショップでは「最大40%買取」という売り文句が目につきますが、そのためには有名ブランドで型落ちもなく、状態が完璧な場合に40%で買取ってもらえることが多いようです。汚れがあったり、型落ちしたりしているものについては、どんどん価値が下がってしまいます。

マウンテンバイクは10,000円前後

マウンテンバイクは10,000円前後

マウンテンバイクも、昔ながらの人気の自転車ですので、売買も競争率が高いです。こちらも、ピンからキリの値段がありますが、大体平均で買取価格は10,000円前後です。よっぽど有名なブランドで、高価なものだと別ですが、元が50,000~10万円のものだとしたら、買取価格は平均で、2,000円から12,000円程度になってきます。

しかし、廃棄してしまうくらいなら、売ったほうが少しでもお金の足しになるので、断然おすすめです。近くの買取ショップがあれば、持って行って査定してもらいましょう。マウンテンバイクの需要も高めですので、壊れていない限りは、買い取ってくれるショップが多いです。

電動自転車は10万円前後

電動自転車は10万円前後

主婦や学生の強い味方、電動自転車も需要が高く、人気があります。ブランドではヤマハ、ブリヂストン、パナソニックの3大ブランドがあります。価格はそれぞれ15万円前後です。電動式なので、値段は安くはありませんが、便利なものです。

とくに有名ブランドの中で、パナソニックは高く買取ってくれるといわれています。機種にもよりますが、だいたい状態により、買取価格は10,000~10万円前後です。そして、かなり状態がよければ10万円もありえます。ヤマハは45,000円前後、ブリヂストンは40,000円前後です。それでも意外に高く売れるのは、便利性があり、需要がまだまだ高いのでしょう。買い替えるとしたら、早めのほうがおすすめです。

子供用スポーツ自転車は2,000円前後

子供用スポーツ自転車は2,000円前後

子供はあっという間に大きくなります。使用期間も短いので、使えなくなったら早めに売ってしまうのが一番よいです。子供用の自転車は、置いておいても仕方がないので、近所の子供にあげるか、次の自転車に買い替えてしまいましょう。

一般的な子供用スポーツ自転車は、大体10,000円以下で買えてしまいます。買取ショップでは、基本は半額以下になるので、状態がよくても2,000円くらいになるでしょう。それでも破棄するときにはお金がかかってしまうので、誰かが使ってくれるように、売ることをおすすめします。

子供の場合は、こまめに買い替えることもよいでしょう。子供の成長が落ち着くまでは、しっかりと体に合ったサイズの自転車を買ってあげましょう。

自転車を買い取ってもらう手段

自転車を買い取ってもらう手段

早速、自転車を売ろうと決めたのであれば、次は、どのような手段で買取ってもらうかを決めましょう。手段はいくつかありますので、見ていきましょう。

自転車買取専門店で店頭買取

近くに自転車買取専門店があれば、直接自転車を持って行ってやり取りしましょう。しかし、持っていく前に、事前にそのショップの下調べをしてみましょう。買取基準も掲載されていますので、その基準に合っているかをチェックします。また、買取実績などを参考にして、自分の自転車はどのくらいで買取ってくれるかが、把握できます。

また、壊れて乗れなくなって、廃棄同然の自転車も買取ってくれるショップがあります。リサイクルに持っていくよりは、多少お金が手に入る場合がありますので、チェックが必要です。自転車買取専門店のよいところは、お金がすぐに手に入ることです。

もし、自分の思っていた金額と見合わなければ、その場で引き取ることもできますので、気軽に相談できます。もし交渉して、よい感じに買取ってくれたのであれば、今後も利用していくとよいでしょう。

ネットの出張買取業者に依頼する

ネットの出張買取業者に、買い取ってもらう方法もあります。メリット・デメリットが多少ありますが、忙しい方にはとても便利です。ただし、配送料などかかる会社もありますので、頼むときはしっかりと調べてからにしましょう。

出張買取方法

近くに自転車買取専門店がなかったり、忙しくて自転車を持って行けない方には、出張買取がおすすめです。今は、指定のエリア内でしたら、無料で出張買取に来てくれます。後日、査定結果の連絡がきて、納得のいく金額であれば、自転車を引き取りにやってきます。また、場合によっては、その場で現金と交換サービスを行っているショップもあります。

宅配買取方法

ホームページから、見積もり査定額を教えてくれます。そして、会社から梱包キッドが送られてくるので、自転車を送ります。後日、査定結果の連絡が来て、納得がいけば振込をしてもらいます。満足いかない場合は、自転車を返送してもらえます。買取成立するまでは、多少の時間がかかりますが、しっかりしたショップを選ぶようにしましょう。

自分でオークションに出品する

ネットオークションのよいところは、自転車の状態がよければ、型落ちしていても高値がつきやすいところです。少しでもよい状態の自転車を、安く買いたいという方が多いためです。また、需要が多いことも特徴です。しかし、いまだにネットのトラブルがあとを絶えません。したがって、はじめる際は慎重に行いましょう。

ヤフオク

ヤフオクは、オークションで人気があり、「出品したらすぐに売れた」ということが多いです。自転車なので、手渡し限定の方でもよいかもしれません。また、写真も重要な参考になるので、しっかりと細かく説明しましょう。しかし、利用するためには、落札されたときの手数料もかかり、会員にならなければなりません。プレミアム会員の会費は、月額498円です。それらがかかることも、頭に入れておきましょう。

メルカリ

メルカリは、いわゆるネットのフリーマーケットです。購入者との値段交渉など、多少のやり取りは必要になってきます。また、あらかじめ値段を決めておいて、決まれば即決という便利なところがあります。手数料は、出品することになった金額に対して10%を取られるため、金額が大きいほど、手数料も大きく引かれてしまいます。

実際に売れて、「あんなに大きい自転車をどう配送すればいいのかわからない」という方も多いようです。近くに自転車ショップがあれば、そこで自転車用の段ボールをもらえます。自転車ショップは、どのみち段ボールを処分しなくてはならないので、ただでもらえる所が多いです。運送業者に梱包素材をもらうと、1,000円はしてしまいます。

リサイクルショップに持ち込む

中古品で買ってもらえる状態であれば、20,000円で購入したママチャリでも、状態がよければ2,000円で買取してもらえる可能性があります。購入時に30,000円以下だったものは、リサイクルショップがおすすめです。

しかし、錆び付いていたり、売れない状態の場合は、引き取りだけしてもうらうか、もしくは引き取ってもらえないこともあるので、事前に連絡して確認したほうがよいでしょう。

ロードバイクやマウンテンバイクなど、高価な自転車の場合は、リサイクルショップでは、専門知識がある店員は少ないです。そのため、しっかりした買取専門店で見てもらうことをおすすめします。

地域のフリマに出品する

フリーマーケットは地域に密着しているので、信用性もあります。そして、なによりもすぐに現金に代えられます。しかし、素人間のやり取りになり、自己責任となりますので、安全で確実な自転車を売りましょう。そして、自分で防犯登録などは解除しておく必要があります。

デメリットは、フリーマーケットには、自転車目的で来るということは滅多にありません。したがって、よっぽど値段が手頃で状態がよくないと、人々は集まってこないでしょう。また、値切られる可能性もありますので、自分の希望額にはなりにくいです。フリマの場合は、自転車を売るためのセールストークを考えて、上手に売っていきましょう。

自転車を高値で売るポイント

自転車を高値で売るポイント

少しでも高く自転車を売りたいものです。そこで、高く売るためのポイントをお教えします。意外に簡単ですので、試してみてください。

説明書や付属品を揃える

説明書や付属品を揃える

自転車を購入した際に、説明書や付属品は捨ててしまったりしていませんか。いずれ自転車を売るためにはしっかり保存しておいてください。意外に、説明書を捨ててしまっている方が多いです。ネットで購入する場合も説明書の有無を確認したほうがよいでしょう。

自分が中古で自転車を買うときにも、説明書があれば安心できます。それと同じで、店側もしっかりした商品を売りたいので、説明書や付属品は必要素材なのです。それによって、多少は査定額もアップされることでしょう。

自転車をキレイに掃除する

まず、ショップに持っていくときは、必ず自転車をきれいにしておくことが基本です。いくら高価な自転車でも、汚れていては買取側もがっかりしてしまいますし、価値が下がってしまいます。汚れが故障の原因になりかねないので、しっかりクリーニングしていきましょう。とくに、ハンドル部分が汚れやすいです。

錆や腐食しているところも、自分できれいにできるところは、しっかり掃除しておきます。ショップによっては、クリーニングの手間が省ける分、査定額が高くなるところもあるからです。とくに、クランクなどの細かい部分は、動作をスムーズに行えるようにしておかなければなりません。面倒でも、最後のお別れだと思って、自転車をきれいにしてあげてください。

自転車の情報をまとめておく

自分の自転車情報を、紙にまとめて書いておきましょう。メーカーや車体番号、製造年月日やどのくらいの距離を走行したのか、どこの部分が汚れが落ちなかったかなど、しっかりショップ側に伝えましょう。そうすることによって、ショップ側とのやりとりもスムーズにいきますし、何より信頼関係を築けます。今後、2回目以降のときも対応が違ってきます。

自転車は、自分の癖が出てきやすいものです。タイヤの状態やハンドルの回し方、ブレーキの掛け方などで、自転車の癖が変わってしまっている可能性があります。細かく説明できるように、実際に自転車に乗って、各自でパーツを確認しておくことをおすすめします。

年式の新しいうちに売る

自転車を売ると決めたのであれば、早速売りに出しましょう。売らずに日数が経過してしまうと型落ちしてしまい、年が変わっただけで価値も下がってしまいます。2~3年落ちしただけでも、買取価格はがくっと落ちてしまいます。

しかも、マニアの方には2年落ちという自転車には、見向きもされないこともあります。実際、中古品で2年落ちモデルが、50%で販売されていることも少なくありません。自転車の状態はよいのですが、それだけ価値が下がってしまうのでしょう。

自転車は流動性が高いものですので、年式が新しいものほど高く買取ってくれます。したがって、今ある使わない自転車は、すぐに売りに出しましょう。ヴィンテージは滅多に値段がつかないのです。

複数の自転車をまとめて売る

応用編として、複数の自転車を売る方法もあります。お店によっては2~3台まとめて買取、査定額を上乗せしてくれるショップがあり、また2台目以降から査定アップキャンペーンをしているショップもあります。

ショップ側は、使えない自転車のパーツを集めるためにそのような方法をとることもあるようです。どうせ売るなら何台かまとめて売って、1台新しい自転車に買い替えることもよいでしょう。引っ越しなどで大量に売りたい場合は、こういったキャンペーンを見つけて売ってみてはいかがでしょうか。

自転車買取時に必要なもの

自転車買取時に必要なもの

犯罪防止のため、ただ自転車をショップに持っていくだけでは、買取ってはくれません。ショップによって異なりますが、買取に必要な書類をまとめてみました。

本人確認のできる証明証

公的機関が発行した身分証明書が必要になり、免許証があればまず問題ないでしょう。免許証がない方は健康保険証か学生証、または顔写真がない場合は、現住所が載っている郵便物などが必要なときもあります。

ショップに行く前に、一度必要書類を確認したほうがよいでしょう。きちんとしたショップほど、店側の犯罪防止のために確認事項が多くなります。また、まれに住民票を提示するショップもあります。

防犯登録解除用紙

自転車を購入する際には、必ず防犯登録を義務づけられています。防犯登録した日から、10年間の期限があります。防犯登録カードは、所有者の住所・氏名・電話番号・車体番号・防犯登録番号が記載されているものです。じつは、このカードが一番重要になってきます。

解除ができる場所は、購入したショップや大型自転車販売店、防犯登録できるショップ、近くの交番などです。地域によって違いますので、わからない場合は近くの警察署の生活安全課に問い合わせてみてください。

解除する際に必要なものは、登録した自転車と、防犯登録カード、身分証明書です。また、手数料が取られる場合もあります。それから、ショップで防犯登録解除用紙を見せてください。万が一、防犯登録カードをなくしてしまっていた場合は、車体番号を控えている領収書や、自転車の保証書が必要です。

防犯登録の抹消手続きについてはこちらの記事を読んでください。

自転車の保証書

自転車を購入した際には、必ず付いてくるものです。保証書は自転車購入後に、何かしら必要になるものですので、自転車を手放すまでは、必ず大事に保管しておきましょう。また、店によって保証書が付いていない場合もまれにあるそうです。そんなときは、必ずもらうようにしてください。

さまざまな書類をもらうかもしれませんが、保証書さえあればよいでしょう。その際は、中を確認してハンコが押されているかも確認しましょう。

自転車を購入した証明書

販売証明書があれば、買取も楽になります。ただし、販売証明書がない場合も多いです。もし紛失された場合や、インターネットで購入された場合は、ショップでネットサービスの証明書のフォーマットが、PDFでダウンロードできますので、書き込んで使いましょう。

とはいえ、販売証明書は防犯にも役立ちますので、なくさないようにしっかり保存しておくことをおすすめします。

自転車買取店を選ぶときのコツ

自転車買取店を選ぶときのコツ

あまりにもたくさんの買取店があるため、どこに決めようか迷ってしまいます。そんなとき目安になる選び方を覚えていきましょう。

無料で見積りを出してくれる

見積もりは無料に限ります。まれに、見積もりにお金がかかってしまうところもあるので、気をつけてください。インターネットで簡単に探せる分、落とし穴もたくさんありますので、慎重になる必要があります。「見積額と実際受け取った金額が違っていた」「見積もりが無料なはずなのに、いろいろと差し引かれてしまった」など、被害にあった方はあとを絶ちません。

できることなら、見積金額そのままの値段で、買取ってくれる店が好ましいです。また、配送などの場合も、送料無料などのサービスが高いところがよいでしょう。

知名度のある全国展開の店

やはり、安心感があるのは長年全国展開のお店で、知名度があるところでしょう。そういう店は、顧客がたくさんついているので、金額も高めに買取ってくれます。全国に展開しているほど人気もありますので、間違いはないでしょう。

また、口コミをチェックすることも大事です。宣伝だけはよいことを書いているのに、実際に利用してみた人は、あまり評価を高くしていないという店は注意が必要です。かといって、口コミだけを頼りにしては、本当によい店が見つかりにくいので、じっくり見極めましょう。

即日買取ができる

最近では、出張買取でも、即日お金を払ってくれる店が増えてきました。電話で査定をしてもらい、出張買取する方法です。また、宅配買取でも、翌日に入金してくれるサービスもどんどん増えてきて、忙しい社会人の方には、とても便利なサービスです。

急なお金が必要になってしまったときに、すぐにお金と交換できるところも魅力的です。しかし、あせらず慎重に行うに越したことはないでしょう。

販売車両の状態がいい

買取店の目安になるところは、販売車両の状態がよいということです。実際にショップに行き、売られている自転車の状態があまりよくない感じのところは、避けたほうがよいでしょう。車両がきれいということは、自転車を大事にしている証拠なのです。

また、BAAマーク(上品質の自転車)が付いた車両は、3割ほど高めに買取ってくれる場合もあります。ぜひ、車両状態がよい店に持っていきましょう。

買取のほかに販売も行っている

買取のほかに、販売を行っているショップは規模が大きくて、販売のネットワークが広いので、安心して自転車を売れます。さらに、それぞれ担当のバイヤー達もそろえている可能性もあるので、専門知識もしっかりとしているでしょう。

さまざまなサービスが受けやすいのは、販売も行っているのでお金の循環がとてもよく、利益を出している証拠です。

おすすめの自転車買取店

具体的に人気がある自転車買取専門店を、いくつかピックアップしてみました。こちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。

自転車買取専門店バイチャリ

自転車買取専門店バイチャリ

【参照リンク:https://buychari.com/

全国対応エリアの「バイチャリ」です。どんどん全国にチェーン展開していく、人気の買取専門店です。出張買取の出張費無料と、宅配買取は30,000円以上なら送料無料など、さまざまなサービスが受けられます。さらに、交渉成立の場合、交通費が最大5,000円キャッシュバックされます。

ネットから30秒で、お試し査定が受けられますので、まずは、気軽に試してみてはいかがでしょうか。全国にあるので、ショップに自転車を持っていきやすいので便利です。

サイクルハンター

サイクルハンター

【参照リンク:http://www.adgp.co.jp/ds/

派手さはありませんが、どこよりも高く買取を実施している「サイクルハンター」です。全国エリアに広がっています。実績があり信頼性も高いので、安心して自転車を預けられます。

買取キャンペーンなど、イベントが開催されたりしています。タイミングが合うときがありますので、たまにチェックしてみましょう。自転車のパーツも買取ってもらえる点がうれしいところです。また、値段に納得いかない方に、委託販売のおすすめも実施しています。こちらで試してみてもよいでしょう。

クラウンギアーズ

クラウンギアーズ

【参照リンク:https://www.crowngears.com/

東京エリア対応の「クラウンギアーズ」です。また、関東なら(一部を除く)出張買取も受け付けているので、遠い方でも大丈夫です。買取初回の場合は、住民票の提示で。1,000円増額してくれるサービスがあります。査定から減額なしで、そのままの金額で買取をしてくれる点がうれしいところです。

ショップ側の買取たい商品が掲載されていて、わかりやすくネットでも見られます。また、中古最大半額セールも実施しているので、たまにチェックしてみてはいかがでしょうか。

テルテルスポーツ

テルテルスポーツ

【参照リンク:http://www.493190.com/

大阪エリア対応の「テルテルスポーツ」です。遠方の方のための輸送費用、梱包費用が無料の宅配買取サービスがお得です。全国に対応していて、やりとりがとてもスムーズに行えることもよいところです。出張サービスは、関西エリア(一部を除く)まで対応しています。

来店の場合、査定が成立したときに、最終査定金額が30,000円以上だった方は、交通費として3,000円キャッシュバックサービスもあります。

専門店での買取が難しい自転車の特徴

専門店での買取が難しい自転車の特徴

上記で紹介した自転車買取専門店では取り扱ってくれない可能性がある自転車はどういったものかを解説します。今から売ろうとしている方は、ぜひ参考にしてください。

壊れていて安全に走れない

壊れてしまって、ブレーキやギアが利かない場合の買取は、厳しいときがあります。買取しても、安全に走行できない場合は、逆に引き取り料を取られる可能性があるので、気をつけましょう。

走れない自転車は、粗大ごみとして見なされることもあります。逆に、パーツとして売る場合は、少しでも高めに買取してくれるショップがありますので、よく調べてから売りに出しましょう。走らないからといって、1円でも高く売ろうと、むやみに売りに出すことは危険です。売る側も、安全な自転車を提供するように心がけましょう。

派手な装飾がしてある

自転車に、派手なペイントがしてある場合は、ショップから買取拒否をされる可能性があります。拒否はされないにしても、買取価格はかなり下がってしまうでしょう。

装飾は自分だけの趣味なので、なかなかデザインとしては受け入れられないこよが現実です。装飾によって、走行しにくい場合が出てきたとき、ショップ側が装飾をはがす手間もかかってしまいますので、引き取りたがらないことも事実です。したがって、普段から、余計な装飾はしないようにしましょう。

大きな傷や落ちない汚れがある

自転車に致命的な傷や落ちない汚れなどがあると、なかなか売れにくく、クリーニングが大変だということがショップ側の意見です。傷を隠す手間や人件費を考えると、引き取ったショップ側が不利になってしまうからです。

自転車をクリーニングに出さなくても、すぐに売れるような商品を買取側は待っているので、隠しきれない傷などは、懸念材料になってしまいます。もし大きな傷がある場合は、自分でケアできるくらいなら、何とか最大のきれいな状態で持っていきましょう。

中国製のママチャリ

まれに自転車専門店ですと、普通自転車は買取不可のところがあります。とくに中国製の場合は買取不可が多いようです。今や、輸入自転車の9割が中国製といわれています。

それを警戒している買取ショップは、まず販売元を調べます。中国製がだめとかではないのですが、中国製でママチャリとわかった時点で取引は中止になってしまう可能性がかなり高いです。

同じ自転車でも、90項目をクリアした「BAAマーク」の上品質の自転車や、自動転車安全整備士によるメンテナンスを受けた「TSマーク」があれば、買取も可能でしょう。

高く売れるドットコムの自転車買取サービス

高く売れるドットコムの自転車買取サービス 高く売れるドットコムで自転車を査定する

高く売れるドットコムは、総合買取専門サービスとして自転車の買取も受付しています。

全国対応で出張・店頭・宅配の3つの買取方法をご用意しており、電動自転車やロードバイクなど様々な自転車の査定が可能になっています。もちろん査定や引き取り手数料など一切かからず完全無料で使える買取サービスです。不要になった自転車の処分にお困りなら今すぐ買取査定を利用してみてください。

まとめ

まとめ

今持っている自転車がまだ使えるもので、便利としているのであれば、そのまま使ったほうがよいでしょう。しかし、もう完全に不要で場所も取られて、不要と感じたのであれば売り時です。

自転車を売るタイミングなど、よくネットで書かれていますが、売り時は自分が自転車を不要と感じたときでよいのです。無理に売る必要はありませんし、お金儲けをしようとすることも間違っています。

あくまで自分が大事にしてきた自転車であれば、廃棄にするのではなくショップで査定してもらいましょう。そして、また次の自転車を買える足しにすればよいのです。自分の大事だった自転車は、信頼のおけるショップで大切に扱ってもらえるところを見つけましょう。

乾太一 / 専属ライター
乾太一 / 専属ライター

あらゆるモノの買取・処分方法を熟知している高く売れるドットコムマガジン編集部のエースメンバー。疑問が多いリユースについて誰もが読んでわかりやすい記事作りを心がけています。

関連キーワード