軽トラの車検について|普通車との違い・法定費用など

軽トラは軽自動車に分類されるため、普通乗用車とは違うルールで運用されています。そこで、ここでは軽トラならではの車検ルールや、軽トラの売却時に気をつけるべき車検のポイントなども乗せています。軽トラの売却を考えている方もぜひ参考にしてください。
車高く売れるドットコム

軽トラの車検について|普通車との違い・法定費用など

自動車を持つ方には納税などを含めて多くの義務が課されています。その中のひとつが車検です。車検は普通乗用車だけではなく、軽貨物車両に分類される軽トラでも受ける必要があります。しかし、軽トラならではの車検ルールが多く、知らなければ車検で損をしてしまう可能性があります。

そこで、軽トラに乗っている方や購入を検討している方に向けて、軽トラの車検とその注意点について紹介します。また、軽トラを売却する際に車検が必要かどうかについても触れていくので、参考にしてください。

軽トラの車検の時期

これまで普通乗用車に乗ってきた方が、新車の軽トラに乗り換えた際に間違えやすいのが車検の時期です。普通自動車が最初の車検が3年なのに対して、軽トラの初回の車検は2年目に受けなければなりません。それ以降は普通乗用車と同様に2年ごとに車検を受けます。

ちなみに普通貨物車は1年に1回車検を受ける必要があります。普通貨物車には中型貨物車や大型貨物車が含まれますが、これは貨物量が多く車が傷みやすいため、車検の期間を短く設定して不備がないことを小まめに確認します。一方、軽トラを軽貨物車に分類し、車検の期間を2年と設定しているのは、積載量に対する車へのダメージは軽微であるとされているためです。

車高く売れるドットコム

軽トラの車検の費用

ここから軽トラの車検費用の内訳について解説していきます。まず、前半で絶対にかかる法定費用と検査手数料について解説し、後半で車検業車の利益面を加算した相場について紹介します。

法定費用と検査手数料

軽トラの車検費用は、自家用車よりも事業用の方が安くなります。まず、軽トラの車検にかかる費用は法定費用(自動車重量税・自賠責保険)と検査手数料です。このほかに、整備費などかかります。また、自動車重量税と自賠責保険は自家用か営業用で価格が変わります。

まず、検査手数料は1,400円で、これは検査を行うための手数料であり、自家用でも事業用でも同じ金額がかかります。また、消費税はかかりません。

次に自賠責保険ですが、自家用軽トラが2万9,470円、営業用軽トラが4万3,220円です。通常は次回の車検までの保険料を支払うため、ここで紹介した金額は24ヶ月のものです。

最後に自動車重量税ですが、こちらは車検証の初度検査年月に記載された年月とエコカー減免制度によって価格が決定します。

まず、自家用軽トラの場合、車検時に支払う自動車重量税は13年未満の自家用軽トラが6,600円、13年経過〜18年未満が8,200円、18年経過した軽トラが8,800円です。エコカー減税が適用されると免税されますが、現在市販されている軽トラはすべてエコカー現在の要件を満たしていないので、適用されることはありません。

一方で、営業用軽トラの場合は13年未満の自家用軽トラが5,200円、13年経過〜18年未満が5,400円、18年経過した軽トラが5,600円です。

上記の金額を勘案すると自家用軽トラの法定費用(自動車重量税・自賠責保険)と検査手数料の合計は3万7,470円で、営業用軽トラは合計4万9,820円です。自動車重量税と自賠責保険料の差額だけ事業用の方が高くなります。そして、これらの費用に追加整備費用がかかることになります。

軽トラ車検費用の相場

上記の費用のほかに、整備費や手数料などがかかります。整備工場などに依頼する時の車検手数料は、約2万円が相場とされています。ここに部品の交換や整備費がプラスされると4万円〜6万円程度がかかります。この金額のほかに先程の費用がかかるわけです。そのため、最終的に支払う金額は8万円〜10万円程度が相場です。

とはいえ、価格は車検を受ける場所によって前後し、ディーラーが高く、車検を専門にしている業者が安くなる傾向があります。車検場を併設している車検専門店に持っていけば、比較的低価格で車検を受けることができるので、節約したい方や手間をかけたくない方に人気があります。

安く車検を受けるなら楽天車検

楽天車検で車検費用をお得に

楽天車検は楽天が運営する車検サービスです。全国の車検を受け付けているカーショップや工場、ガソリンスタンドなどが加盟しており、車検費用の比較・予約が簡単にできます。口コミも掲載されているため安心感も高いです。

無料で目安の車検費用を事前にもらえるので、費用が気になる方も安心して利用することができるので非常におすすめです。次の車検のタイミングで利用してみてはいかがでしょうか。

楽天車検で最安費用を探す

軽トラの車検の注意点

軽トラを車検に出す際に気をつけたいポイントは荷台とタイヤです。どちらも事前に確認しておかないと、車検が通らないばかりか、あらぬ疑いをかけられる場合があります。ここではそれぞれの注意点について掘り下げていきます。

荷台の注意点

軽トラの場合、荷台に点検用のハッチがありますが、荷物があると点検に支障が出ます。また、荷台をふさいだ状態で車検に出すと、違法改造など、予期せぬ疑いをかけられる場合もあるので、軽トラを車検に出す際は荷物やカバーをしっかり下ろしておきましょう。

タイヤの注意点

タイヤをデコレーションしている場合や、乗用車用のタイヤに付け替えている方は注意が必要です。基本的に軽トラは、トラック用のタイヤを履いていなければなりません。しかし、近年は規定が改定され、フェンダーからはみ出さない、残溝が1.6mm以上などの条件を満たしていれば、乗用車用のタイヤを履くことができます。ただし、最大積載量、軸重の要件を満たしている必要があります。

このように基準が緩和されているとは言え、わからないままタイヤを替えてしまうと車検が通らず、整備不良車になってしまうので、注意が必要です。軽トラをデコレーションする際は、しっかりと調べて行うようにしましょう。

軽トラの車検が切れるとどうなるの?

軽トラに限らず、車検が切れると公道を走行できなくなります。ちなみに、万が一車検切れの状態で走行したことが発覚した場合、罰則が科せられます。ここでは車検切れの対処方法と罰則について紹介します。

車検切れの車を車検に出すためには?

車検切れの車を車検に出すためには、仮ナンバーを取得する必要があります。区市町村役場で申請すれば簡単に取得でき、一時的に公道を走行できるようになります。仮ナンバープレートには3日~5日の有効期限が設けられていて、有効期限が切れたら返却しなければなりません。こうした規則を守る必要はありますが、車検を受けるために必要な経費として諦めましょう。ただし、すでに車検が切れてしまっていれば市役所まで運転もできません。家族や友人に運転をお願いするか、公共交通機関やタクシーを使うほかありません。

もし、仮ナンバーの取得が間に合わない場合は、レッカーかもしくは車検場の方に引き取りに来てもらいましょう。これらの方法も料金がかかってしまいますので、利用する際はあらかじめ費用を確認しておきましょう。

車検切れの罰則

車検切れの車を運転した場合、無車検車運行として違反点数が6点と1ヶ月の免許停止、「6ヶ月以下の懲役または30万以下の罰金刑」が科せられます。しかし、これはあくまで車検切れのみの場合です。車検と同時に行う自賠責の更新切れが伴う場合、1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられます。いずれもすぐに懲役になることはありませんが、繰り返し悪質な無車検走行を繰り返すとその限りではありません。車検切れの車を運転すると、こうしたデメリットがあるので運転しないようにしましょう。

車検と軽トラの買取

軽トラを買い取ってもらいたいと考えた場合、車検のことが頭によぎることでしょう。車検を通した方が買取額はアップしますが、それはかえって損になってしまう場合がほとんどなので注意が必要です。

買取の際に車検はしておくべきか

車を買い取ってもらう際に、車検のことはあまり考える必要はありません。中古車査定基準によると車検の残り期間が3年の車でも7万円程度のプラスにしかなりません。軽貨物車の場合、2年ごとの更新なのでプラス査定幅は7万円以下になることが考えられます。しかし、軽トラの車検の相場は8万〜10万円ですので、車検を受けると赤字になってしまいます。そのため、車検に出さずに売却した方がトータルでお得です。

また、店頭に並べているといずれ車検は切れてしまうため、車検が切れている状態で買取査定に出してもマイナス査定がつくことは稀です。また、輸入販売ルートを持っている企業は車検制度のない海外への輸出を行うことができるため、車検切れがマイナス査定につながることはありません。

車検切れでも売却可能?

車高く売れるドットコム

軽トラを売却する際に車検が切れていても売却は可能です。ただし、公道を走れないので運送してもらう必要がありますし、当然運送にも費用がかかるので、車検切れになる前に売ってしまうことをおすすめします。

また、軽トラを売却する際は、車検以外にもさまざまなポイントが査定額に影響を及ぼします。しかし、中にはシートや塗装の傷など修理をすると損をしてしまう項目があります。そのため、トータルの収支を考えると、車検によるプラス査定を狙うよりも現状の軽トラを最高値で買取してくれる業者の選定の方が重要です。

一括査定サイトを利用する

プラスの査定額を狙うよりも最高値での買取を希望する場合は、車高く売れるドットコムをおすすめします。車高く売れるドットコムでは、一括査定によって高額買取をしてくれる業者をスピーディに選ぶことができます。こうした一括査定サイトに登録している業者は、自分の会社で売却してもらえるように適切な価格を提示してきます。そのため、著しく安い価格で売却するリスクを避けることができます。

また、車高く売れるドットコムは買取に関する素朴な疑問やトラブルなどに対応する相談窓口も設置しており、車検を含め売却に関する質問を受け付けています。このように軽トラを売却する際はバックアップやフォローがしっかりとしている一括査定サイトを利用して、査定額を比較することからはじめてみてはいかがでしょうか。

車高く売れるドットコムで一括査定してみる

まとめ

軽トラの車検は2年ごとに行われるため、普通乗用車から乗り換えた方は注意が必要です。また、車検の時は荷台の荷物を下ろすなどのポイントを押さえておきましょう。また、車検を受けずに公道を走ると罰則が科せられます。仮に車検が切れてしまった場合は、その車で公道を走ることはせず、仮ナンバーの申請をして一時的に運転できるようにするか、レッカーサービスなどで速やかに車検場や整備場に運び車検を受けましょう。

一方で、車検切れを機に軽トラを売却したいという方は車高く売れるドットコムのような一括査定サイトを使用して、愛車の価値を確認するところからはじめることをおすすめします。

車高く売れるドットコム
齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。

関連キーワード