ウィットのファクタリングで即日現金化!資金調達までの流れを解説

売掛金を現金化するファクタリングの仕組みや、小口専門で非対面契約が可能なウィットの強みについて、詳しく解説します。ウィットは従来のファクタリング会社とは異なり、時間を大幅に削減でき、最短即日で資金調達ができる会社です。

齊藤数馬

アクセルファクター

ウィットのファクタリングで即日現金化!資金調達までの流れを解説

ファクタリングは債権譲渡により資金を調達する方法として知られていますが、それ以外にもさまざまなメリットがあります。

例えば、取引先の資金繰りが悪化している場合、業界が不景気に陥っているタイミングで支払督促するのは、手間も時間も掛かります。

必要なタイミングで確実に回収することを目的にファクタリングを利用すれば、従業員の給与や家賃、光熱費など、速やかに事業の運転資金にあてられます。

ここでは、近年注目されているファクタリングサービスの基礎知識をわかりやすく説明します。

また、多くの中小企業や個人事業主に選ばれているウィットにどのようなメリットがあるのかも見ていきましょう。

請求書を今すぐ現金化!

資金調達の新しい選択肢|OLTAクラウドファクタリング

ネットで完結。取引先通知不要!
短期少額の資金調達ならOLTAクラウドファクタリングへ

OLTA公式サイトはこちら

※個人事業主or法人専用のサービスです

ウィットのファクタリングサービス

ウィットのファクタリング

株式会社ウィットは小口専門かつ非対面、電話一本で簡単に資金調達ができるファクタリングサービスを提供している会社です。

スピード対応かつ信用情報なしで審査ををするため、借入金等に不安がある事業者様でも相談可能な点がメリットです。

売掛金で少額で他社では取り扱ってくれない、とにかく時間がないので急いで融資を実行してほしい場合に非常におすすめです。

ウィット公式ホームページ
アクセルファクター

ウィットを選ぶとどんなメリットがあるのか?

ウィットを選ぶとどんなメリットがあるのか?

ファクタリング会社は全国に100社以上存在しますが、先に説明した通り、大企業だけを相手に3社間ファクタリングのみを取り扱う会社や、売掛債権や月商に制限を設けている会社、特定の業種にのみ絞って取引する会社など提供するサービスはさまざまです。

そのような中で、なぜ中小企業や個人事業主にウィットが選ばれているのか、特徴と強みをご紹介します。

スピードの理由は小口専門&非対面

ウィットは500万円以下の小口買取を専門とするファクタリング会社です。

中小企業の経営者や個人事業主は、面談や書類の用意に時間を割けない方も多いでしょう。

ウィットなら電話1本で成約まで非対面で手続きを進められます。

ファクタリング会社に出向くのも、担当者に来てもらうのも時間がなくて難しいという方でも相談しやすいでしょう。

もちろん全国どこに住んでいる方でも利用できます。

また、最小30万円から利用できるため、他社では「利用額が少なすぎる」と断られた方でも安心です。

最短2時間の成約で30万円を95%で買取

ウィットは「提出書類がそろっている」「売掛金信頼度が高い」などの条件がそろえば、入金までのスピードが最短2時間という実績があります。

「即日契約が可能」「最短翌日入金」を売りにしている企業はほかにもありますが、ウィットはその点で他社と一線を画しています。

また、手数料の安さもセールスポイントです。

一般的には100万円の売掛金を80万円で買取するなど、80%を切るファクタリング会社もめずらしくありません。

しかし、ウィットは「30万円を95%買取」の実績を掲げています。

ハードルを低く設けることでより多くの中小企業や個人事業主が利用できるよう、このような手数料設定がされているのです。

2社間取引ももちろんOK

中小企業経営者や個人事業主にとって何よりも恐ろしいのは、借り入れやファクタリングの利用を取引先に知られることです。

ウィットは「秘密厳守」を掲げており、2社間取引を利用すれば取引先にファクタリングの事実を知られることはありません。

ファクタリングサービスとは?

ファクタリングサービスとは?

ファクタリング (factoring)とは、企業が保有している売掛金をファクタリング会社に買取ってもらって現金に換え、会社のキャッシュフローを改善させる資金調達サービスです。

これから手に入る予定の売上金を、先に回収する手段のひとつともいえるでしょう。

どのような活用方法があるのか、詳しく見ていきましょう。

倒産につながる資金ショートを回避

事業を継続させるため、会社を存続させるために「つなぎ資金」を活用するケースもあるでしょう。

長期的ではなく、一時的な借り入れとしてのつなぎ資金は、金融機関からの調達が一般的です。

しかし、すでに借り入れをしており、赤字の状況にある場合、追加の融資は難しいと断られる可能性が高いでしょう。

そんな場合でも、今後、確実に回収できる売掛金さえあれば、ファクタリングサービスを利用して資金調達が可能です。

従業員の給与や家賃、光熱費などの支払期日前に現金が工面できれば、資金ショートを回避できます。

キャッシュフローの改善

売掛金が発生した場合、経理上は売上として計上されますが、代金は未回収のままです。

売掛金を回収が遅れてしまうとキャッシュフローが悪化し、従業員の給与やさまざまな経費の支払いにあてる資金の不足につながります。

売掛金を早期に現金化することが、キャッシュフローの改善につながるのです。

あくまで一時的な改善ですが、必要なタイミングで資金を準備するための有効な手段になるでしょう。

特に、すでに借り入れをしていて、もうこれ以上借り入れを増やしたくない場合におすすめです。

信用情報に傷がつかない

日本国内には日本信用情報機構(JICC)、シーアイシー(CIC)、全国銀行協会(JBA)の3つの信用情報機関が存在します。

3社は「信用情報交流ネットワーク」を運用して、銀行の借り入れやローン、キャッシング、クレジットカード作成など、日常の契約データを蓄積しています。

資金調達は経営者の命綱であり、中でも銀行融資は中長期的な資金計画に大きく関わります。

もし返済の遅れや破産ということになれば、信用情報交流ネットワーク内に履歴が残るため、将来的な貸し付けは絶望的になるのです。

しかし、ファクタリングサービスは融資ではなく、あくまでも売掛金の買取りという位置づけです。

ファクタリングサービスを利用しても、信用情報に傷がついたり履歴が残ったりすることはありません。

一時的な資金ショートを回避し、企業の信用情報を守るという観点において大変有効です。

また、借り入れとは異なり、売掛債権の譲渡による資金調達なので決算時に負債項目を増やすことはありません。

不動産や車を現金に換えるのと同じです。

一時的に二重金利になってしまうデメリットはありますが、将来的に事業拡大を狙っているのであれば、どんな時分においても事故歴が残るのは避けたいものです。

売掛金はあるものの、直近のキャッシュが回らないタイミングであるなら、信用情報に影響の出ないファクタリングがおすすめです。

将来的に不安材料となってしまう金融事故の回避に活用しましょう。

経済産業省が推奨している新しい資金調達方法

企業が利用できる資金調達方法は多岐にわたるなか、経済産業省・中小企業庁はファクタリングを資金調達手段として推進しています。

参考:売掛債権の利用促進について|中小企業庁

中小企業や個人事業主は資金繰りに苦労することが多く、運営を借入金に頼っているケースがほとんどです。

その際に不動産を担保とするケースが多いのですが、不動産の価値は下落に向かっているため、不動産に依存しない資金調達の選択肢として政府が注目しています。

アクセルファクター

売掛金が現金になる流れとは?

売掛金が現金になる流れとは?

ファクタリングには「3社間ファクタリング」と「2社間ファクタリング」があり、契約に関係する会社の数と手続きの流れに違いがあります。

どちらにも共通するのは、電話やインターネットを使った事前相談の後に申し込み、その後に必要書類を提出、審査通過の後に契約へと至る流れです。

申し込み方法は、「インターネット上での入力」「電話やFAX」「ファクタリング会社への来社」「郵送」の4パターンがあり、移動時間や打ち合わせ時間短縮にもなるインターネット申し込みや電話がおすすめです。

どの契約においても同様ですが、一度申し込みが完了すると、後日契約内容を変更するのは難しくなります。

契約前に、利用条件をくまなく目を通しておくことが重要です。

チェックポイントとして、「条件が良すぎる」「申し込みを急かされる」などのケースは、リスクが高いので気をつけましょう。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリングは、「ファクタリング会社」と「利用者(本人)」、「売掛金の企業(取引先)」の3社にて行われる資金調達法です。

ファクタリング会社が直接売掛金の支払い請求をできるのが特徴で、大企業が銀行系のファクタリング会社を利用するパターンが多いでしょう。

利用者は売掛金の請求や、管理業務の負担が軽減されるメリットがあります。

3社間ファクタリングの場合、ファクタリング会社が直接取引先から売掛金を回収するため、債権の未回収リスクが低く抑えられます。

そのため、2社間ファクタリングに比べ手数料は割安なケースがほとんどです。

一方で、契約までに取引先の信用情報の調査や、契約の同意を得る必要があるため、資金調達までの時間が掛かる傾向があります。

最低利用額が高く設定されているケースもあり、上場企業など信頼度の高い母体がないと契約まで至らないケースもあるでしょう。

資金調達は、契約後1~2週間後の入金が目安です。

そのほかのデメリットは、取引先の企業にファクタリング利用の実績が周知されてしまう点です。

後々の付き合いにおいて、「あの会社は資金繰りが厳しいのでは?」など、ネガティブなイメージを持たれてしまう可能性は否定できません。

銀行融資やビジネスローンに比べるとローリスクな資金調達方法ですが、一時的に資金繰りが改善されたとしても、取引を見直されてしまえば将来的に業務に支障が出ます。

心配であれば次に説明する2社間ファクタリングを検討してみましょう。

2社間ファクタリング

大企業向けである3社間ファクタリングに対し、2社間ファクタリングは、中小企業や個人事業主が利用しやすい仕組みです。

契約は、「ファクタリング会社」と「利用者(本人)」で行われます。

契約の際に、取引先の業績や信用、売掛債権の調査は行いますが、取引先の企業にファクタリングの利用を知らせる通知がいくことはありません。

取引先にネガティブなイメージを持たれる心配がないので、事業資金の調達に専念できます。

売掛金の支払いは、通常通り取引先から利用者へ支払期日に支払われます。

その後、利用者がファクタリング会社に売掛金の売却額を支払い、債権が消滅する流れです。

3社間ファクタリングに比べ、早期に資金が得られるのが特徴です。

取引先の同意や通知が必要ないので、審査が完了次第、即日~1週間以内に買取額が入金されます。

2社間ファクタリングを検討する場合、取引先の倒産や廃業により売掛金が入金されない場合に、ファクタリング会社が利用者に対し支払いを請求できる「償還請求権」の有無についても調べておきましょう。

2社間ファクタリングでは、償還請求権なしの契約がほとんどです。

債権不履行が起きたとしても、利用者に支払い義務が生じる心配はありません。

一方で、資金未回収のリスクがあるため、手数料は3社間ファクタリングに比べてやや高めに設定されているケースが多いでしょう。

まとめ

ウィットはファクタリングを検討している中小企業や個人事業主の方におすすめできるポイントがたくさんあります。

ファクタリングサービス以外にも、経営コンサルティング事業も展開しているので、相談時に無料で経営改善サポートを受けられるのも魅力的です。

他社にファクタリングを断られてしまった、契約のために訪問する時間がない、近隣にファクタリング会社がない、などのお悩みを抱えている方は、ぜひウィットのファクタリングサービスを検討してみてください。

ウィット公式ホームページ
齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。