パソコン買取方法|売り方のコツ・高価査定モデル・注意点など

パソコンの買い替え時、まだ使える「古いパソコン」は買取に出すことがおすすめです。そのとき、なるべく高値で買取してもらいたいけど、相場や買取ってもらう方法が詳しく分からないということもあります。この記事では、買い取ってもらうための方法やそれぞれのメリットとデメリットを紹介しています。買取に関わる基礎情報や高値になるポイントを知り、新しいパソコンの投資費用として活用しましょう。
パソコン買取方法|売り方のコツ・高価査定モデル・注意点など
パソコン売るなら高く売れるドットコム

パソコンを買い替えるとき、これまで使っていた古いパソコンを買取に出したいと考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、パソコンの買取を経験したことがないと、なかなか相場も分かりにくく、どこに持ち込めば買取ってもらえるのかなど、分からないことがたくさんあるものです。

そこで、そうしたお悩みを解決するために、パソコンを買取ってもらう4つの方法や、それぞれの方法のメリットデメリット、高価買取してもらうためのコツや買取査定の基本的な流れなど、買取を依頼するまえに知っておきたい情報をご紹介します。基本的な知識をおさえて、パソコンを後悔しない納得の金額で買取ってもらいましょう。

目次

パソコンを買取ってもらう4つの方法

パソコンを買取ってもらう4つの方法

パソコンは主に下記の方法で買取ってもらうことができます。それぞれの方法に特徴があるので、1つずつ見ていきましょう。

買取業者に買取ってもらう

洋服や着物などを専門に買取ってくれる業者がありますが、パソコン専門の買取業者もあります。買取専門のノウハウを兼ね備えたスタッフがたくさんいるため、手持ちのパソコンの価値を適切に判断してもらえるのが特徴です。

また、キャンペーンを利用することで、本来なら買取金額が付かないような古いパソコンも引き取ってもらえる場合があります。売り手にとっても有利な条件がそろいやすく、高額査定がつきやすいことも。

買取方法も様々で、宅配買取や出張買取などサービスも充実しています。持ち込み査定もしてもらいやすく、地域に密着した買取店も多いので、候補として考えやすい方法の1つです。

見出し:おすすめのパソコン買取業者まで移動する

家電量販店に下取りしてもらう

家電量販店でパソコンを買い替える時に、下取りサービスを利用して古いパソコンを引き取ってもらうという方法があります。配送手間賃などもかからず、買い替える新しいパソコンが割安になるなど、家電量販店ごとのサービスをうけられるという特徴も。

どの程度の金額で下取りしてもらえるかは家電量販店や、その時実施されているキャンペーンによって異なるので、事前のチェックが必要です。

中古販売店に買取ってもらう

中古品販売店では、買取を実施しているところがほとんどです。よって、地域にある中古販売店に持ち込み、買い取ってもらいましょう。パソコン専門ではないため、買取価格が低くなりがちではありますが、販売目的で買取ってくれるので、コンディションがよいものほど価格も高くなるという特徴も。

パソコン買取専門店が周辺にない場合でも、中古販売店なら売れるという場合もあります。

ネットオークションに出品する

ヤフオクやモバオクなど、ネットオークションを利用するという方法もあります。相場が高めであるという特徴と、古めの型のパソコンでもパーツを目的にヘビーユーザーが購入してくれる可能性があるのが、他の買取方法と違う点です。

自分で出品するという手間こそありますが、買取専門店より高く売れることもあるので、特徴のあるパソコンを持っているなら検討したい方法の1つです。

買取業者に頼むメリットとデメリット

買取業者に頼むメリットとデメリット

パソコン専門の買取業者に頼む方法を検討するなら、まずはメリットとデメリットを比較してみましょう。

専門であるノウハウでサービスが充実

買取業者に依頼するメリットは、専門だからこそノウハウが豊富であるという点です。パソコンが持つ本来の価値を理解しているスタッフによる査定を受けられ、適切な評価で買取ってもらえます。コスト削減による高価買取を実現しており、思いもよらない高値がつくことも。

また出張買取をしてもらえたり、忙しい人に便利な宅配買取に対応していたり、サービスも充実しています。中にはキャンペーンとして特定の商品を買取強化していたり、パーツ単体でも買い取ってもらえるケースもあるので、これまで使ってきた古いパソコンに関わる部品を、一括で売り払えるのもメリットの1つです。

店舗が近ければ、持ち込み査定をすることで比較的査定額がアップしやすいという傾向もあるので、よりお得に使えます。パソコンをお金そのものにしたいという場合には、利用するメリットがあるといえます。

買取価格の条件が様々である

パソコン買取専門店では、買取価格上限額を決めていることがほとんどです。もともとパソコンは、スペック次第で、価格が大きく変動する商品の1つ。それもあって、買取価格の上限がそのパソコンの性能や発売時期などによって、細かく設定されています。

そのため、パソコンの価格はその買取上限額より上回ることはなく、近ければ近いほど高く買ってもらえたと判断できます。パソコン買取専門店ごとに上限が設定されていることも多いので、事前にチェックが必要です。

また、パソコンのコンディションも、価格へ大きな影響を与えます。買い取るのなら、お金になる商品を買取たいと考える店がほとんどです。自分のパソコンのコンディションがどの程度か、見極め必要な場合もあります。

家電量販店買取のメリットとデメリット

家電量販店買取のメリットとデメリット

新しいパソコンを購入するために、家電量販店に訪れている人も多いのではないでしょうか。そんな家電量販店で買取ってもらう時のメリットとデメリットを見ていきましょう。

下取りサービスによるお得感

下取りサービスを利用した買取方法なので、買い替え品の値引きや、割引をサービスとして受けることができます。また、場合によっては定額買取キャンペーンを行っていることもあるので、パソコン買取専門店よりも高値で取引が可能。

新しいパソコンをお得に手に入れて、古いパソコンも手放せるので、お得感が強いのが家電量販店買取のメリットです。

値引き可能額内での買取価格

家電量販店買取のデメリットは、買取価格の上限が買い替え品に依存することです。また、現金を受け取れるわけではなく「割引」なので、パソコン自体の価値を無視した割引額になることもしばしばです。状態によらず一律1,000円という下取りサービスが、そのパソコンにとってお得である場合もあれば、反対に買取専門店に出すと3万円以上で買取ってもらえる場合もあります。

よって、最終的に得られる金額が予想より低かったということもあります。このあたりは買い替えたい対象のパソコンや、古いパソコンのコンディションによって異なるので、買取専門店の買取額と比較するなどしてお得かどうかチェックすることが必要です。

中古販売店買取のメリットとデメリット

中古販売店買取のメリットとデメリット

パソコン専門の買取専門店より目にすることが多いのが、リサイクルショップに代表される中古販売店ではないでしょうか。こうしたお店でも、パソコンを取り扱っていることがあります。

コンディションが良いものは高価買取

中古販売店は、そのあと自分のお店で販売するために商品を買取ます。したがって販売目的で買取金額をつけるので、未使用のものであり、付属品や説明書必要という条件がついていることも多いのです。しかし、それらをクリアしていれば、高価買取してもらえる可能性も高まります。

リカバリーディスクなど、付属品も丁寧に保存しておくと、いざ買取に出すときに金額が高くなります。

販売不能なものは値段がつかない

壊れているパソコンは販売することができないため、中古販売店では買取ってもらえないケースがほとんどです。まれに、壊れていないパーツだけなら買取ってもらえることもありますが、その場合もパソコン専門の買取業者よりも値段が低くなることが多いことでしょう。

反対に引き取り費用を請求されることもあるので、査定に持ち込む前にそのお店でどのようなパソコンなら買取ってもらえるか、あらかじめチェックしておくのがおすすめです。

ネットオークションのメリットとデメリット

ネットオークションのメリットとデメリット

現代では、ネットオークションに誰でも手軽に出品できるようになりました。そんなネットオークションのメリットとデメリットを見ていきましょう。

高値で売れる可能性が高い

ネットオークション最大のメリットは、「入札方式」であることです。こちらが指定した価格で売れる場合もあれば、確実に欲しい人同士が値段を釣り上げるため、売れた場合に思わぬ高値がつく可能性があります。人気が高く市場価値が高いパソコンや、内部のパーツが高価なパソコンは、特に買い手がつきやすい傾向があります。

時には、パソコン買取専門店の買取上限額を上回るケースもあります。ネットオークションで自分のパソコンを検索し、高い落札額がついているパソコンと全く同じものを所有していれば、ネットオークションを利用するのも1つの手です。

時間や手間がかかる

ネットオークションに商品を出品するには、自身で出品手続きや個人情報の登録が必要になります。またパソコンを発送するための用意やデータの消去なども、自分で全て対応しなくてはなりません。よって、手間や時間は、買取に出すよりもかかりやすい傾向にあります。

データを自分で消去する場合、適切な処理ができていない場合には、個人情報漏洩の危険性もあります。初めてネットオークションを使う場合は、手間もかかり、不備があればクレーム対応をする羽目になることも。

そのため、こうした買取をしてもらうための手間が苦にならず、ネットオークションになれているという人でないと、余計な時間をとられてしまいがちです。

また売れなかった場合には、1円にもならずパソコンも手元に残ったままになるので、結局損をしてしまうこともあります。利用する場合は、本当に手間をかけて売る価値があるのか、よく検討することが大切です。

お店でパソコンを買取ってもらうときの3つの方法

お店でパソコンを買取ってもらうときの3つの方法

パソコン買取専門店や家電量販店など、お店で取り扱ってもらう場合には、買取の方法は3つあります。特徴がそれぞれ違うので、自分の都合に合うものを選んで賢く使いましょう。

宅配買取でお店に発送する

パソコンを買取ってもらうとき、ポピュラーな方法といわれているのが、宅配買取。インターネット上で手続きや申込をした後に、自分で梱包までの作業を行い、お店に発送します。宅配業者へ委託するため、お店と自分の都合を合わせなくてよいというメリットがあります。

お店が近くにない人にとっても、発送して査定してもらえるので、インターネット上で評判がよいお店に頼みやすく、再査定やキャンセルも簡単です。やりとりも電話やインターネット上で完結するため、自分の都合に合わせて対応できるのが嬉しいところです。

一方で、自分でパソコンを梱包しなくてはならないので、破損しないよう丁寧に行う必要があります。また、お店によっては送料を負担してくれない場合があるので、お店ごとに宅配買取でどのようなサービスが受けられるのか、チェックしてみましょう。

参考:宅配買取について|パソコン高く売れるドットコム

出張買取でお店の人に自宅まできてもらう

売りたいパソコンの数が多い人や査定に関する詳しい話を聞きたい人には、出張買取がおすすめです。専門性の高いスタッフが直接自宅まで査定に来てくれるので、どのパソコンやパーツを売り払うのか、選別を効率よく行うことができます。また宅配買取や店頭買取と比較すると、査定額は出張買取の方が高いのです。

宅配買取の場合は、買取をキャンセルすると返品のための郵送料がかかりますが、出張買取は手数料や返送料もかかりません。自分で段ボールに詰めるのが不安な場合や、郵送に向かない特徴のあるパソコンの場合も、出張買取なら安心です。

ただし、条件が限定されることが多く、お店から近いエリア限定のケースがほとんどです。どのくらいで査定が終わるかも不明なので、自宅で業者と時間を合わせるのが難しい人にはあまり向いていない買取方法です。

参考:出張買取について|アールキューブ

店頭買取で持ち込む

取引が早い買取方法であり、有益な情報も一緒に聞くことができ、安心を得られるのが店頭へ持ち込む買取方法です。実際に店頭でスタッフが査定するため、査定額や査定内容をその場で聞くことができ、すぐに買取ってもらえます。

分からないことがあればすぐ確認できるので、パソコンの買取が初めての人にとってはメリットの多い買取方法です。また、買取額を現金で支払ってもらえることが多いので、様々な事情で振込が使えない場合や、すぐ現金として手元に欲しい場合には、使い勝手がよいでしょう。

ただし、買取店に持ち込むまでの手間がかかったり、お店が近くにないとそもそも店頭買取を候補に入れられないこともあります。その場合、結果として時間も手間もかかりやすいので、注意が必要です。

参考:店頭買取について|ソフマップ

パソコンが高価買取となる査定基準

パソコンが高価買取となる査定基準

洋服もブランドものだと高価買取になったりと、ある程度の査定基準があります。お店によって異なるケースもありますが、ここでは一般的に高価買取になりやすい基準をご紹介します。

発売された年代が新しい

発売された年代が新しいほど、パソコンのスペックも新品と遜色なく、中古品でも欲しい人が多いので、高価買取になりやすいです。パソコンは入れ替わりが激しいため、購入してから5年以上経過している場合は、値段が付かないこともあります。しかし、発売から1年以内なら、より高い値段がつく傾向にあるようです。

また発売年代が古いパソコンは、ハードウェアの劣化があるだけでなく、相場価格の下落も起きています。つまり、買取ってもお店にとってうまみが少ないので、結果として値段が低くなりがちなのです。

そうすると、買取よりも下取りに出した方が結果的にお得になるケースも多いので、発売から5年以上経過したパソコンなら下取りを検討するのもおすすめです。

Wndows10が搭載されたモデル

現代、Windows10が搭載されているパソコンは、購入時からOSがWindows10だった場合と、購入時はWindows7で、後にアップデートでWindows10になった場合の2通りがあります。

パソコンに搭載されているOSは、購入時のOSによって判断されるため、アップデートでWindows10になったパソコンはWindows7だと判断されてしまい、買取価格が低くなってしまいます。

購入時からOSがWindows10であるモデルは、平成2018年3月時点での最新モデルと同じOSであることからも、高価買取されやすくなります。発売年数としては、2015年7月以降のモデルです。反対にこれ以前のモデルは買取価格が低くなりやすく、中古品としても売るのは難しいと考えておきましょう。

Macのパソコンである

市場での流通量も少なく、Apple社のブランド力を誇る「Mac」。様々な企業が出しているWindows搭載のモデルでは、パソコン初心者でも気軽に購入できるものが多いのですが、Macパソコンは使用者にもそれなりの技術力が求められますが、コアユーザーがいるため、値崩れしにくいという特徴があります。

Macはスペックがもとから高いものも多く、ブランド性から中古品でも欲しいというコアユーザーが多いのため、買取額が高めです。モデルが古くても性能はよいことが多いので、買取ってもらえるケースもよくあります。

Macのパソコンを持っていたら、同じモデルがどのくらいの価格で売られているのか、相場をチェックしてから買取方法を考えるのがおすすめです。

パソコンを高価買取してもらうコツ

パソコンを高価買取してもらうコツ

古いパソコンだけど少しでも高価買取してもらうためにはどうすればよいでしょうか。押さえておきたいコツをご紹介します。

複数の業者に査定をしてもらう

買取専門店を利用するときには、複数の業者に査定をしてもらうことがおすすめです。他者との比較によって、一番高い買取専門店に買い取ってもらうことができます。

また査定を通して業者ごとの対応を判断でき、一番信頼できる業者を選ぶことができるので、思い入れのあるパソコンを自分にとって有利な条件で手放しやすくなります。1店舗ずつ査定依頼するのが大変、という場合には、一括査定サイトを利用するのもおすすめ。

無料で査定依頼できるところがほとんどなのも、嬉しいポイント。無料というお得さを利用して、有利な条件を見つけましょう。

きれいにクリーニングしておく

見た目が綺麗である程、中古品というイメージを薄れさせることができます。極端に汚れていると減額査定対象にもなりかねないので、あらかじめ汚れは綺麗に拭き取っておきましょう。ホコリや小さなゴミがキーボードの隙間に入り込んでいることも多いので、専用の道具を使って取り除いておくとベスト。

また、もともとの付属物でないかぎり、シールは減額の対象になるので、貼ってある場合は綺麗に剥がしておくのも大切なポイント。シールを剥がした後も、ノリのべたつきが残らないように、あらためて綺麗に汚れを拭き取っておきましょう。

動作確認をしておく

自分のデータを消去する必要もあるので、リカバリーに合わせてパソコンの詳細状況を把握し、液晶画面の映りに異常が無いかチェックしておきましょう。正常に動作するという証明にもなるので、パソコンごとのリカバリー方法に従い、買取前に行っておけるとベストです。

動作不良が見られる場合は、減額の対象にもなりかねないので、あらかじめ申告しておくか、対処可能なものなら対応してから買取にだすと減額を防げます。

付属品を揃えておく

パソコンには説明書や保証書、ACアダプター、バッテリー、マウス、キーボードなど付属品が多数ついています。これらがすべてそろっていると、新品のように商品がそろった状態で査定してもらえるので、少し買取価格が高くなります。

また、購入時の箱まできちんと取っておいてあれば、持ち込んだり発送するときにも便利です。とはいえ、付属品がないパソコンは買取不可というわけではありません。付属品があればより金額もアップするということなので、できるだけ揃えてから査定を受けるようにしましょう。

買取査定の手順と流れ

買取査定の手順と流れ

それでは買取査定の基本的な手順と流れを見ていきましょう。あくまで基本的なものなので、お店によって多少の差があるため、詳しくは各店ホームページを確認しましょう。

WEB上で見積もりをする

どこにいても依頼できる方法として、web上で見積もりを行うということ。パソコンのメーカー、型番、コンディションなど、サイトごとのプラットフォームにある項目に従って入力して、見積もり結果を待ちます。複数社に見積もりを依頼して、一番高いところを選ぶのがコツです。

また、写真やwebカメラを利用して、画像で見積もりをしてくれる業者もあります。自分で型番やメーカーが全く分からない場合でも、こうした業者を利用すれば簡単に見積もりをしてもらうことが可能です。

業者によっては、特定のメーカーのパソコンを買取強化している場合もあります。依頼する業者のキャンペーンなどをチェックして、利用できるものは積極的に活用していきましょう。

正式な買取依頼をする

査定金額に納得の上、正式に買取依頼の申し込みをします。査定に出したからといって、必ず買取ってもらう必要はありません。買取キャンセルや、査定キャンセルも可能であることがほとんどです。店頭持ち込みだと、買取価格もすぐ分かるので、スピーディーに価格依頼ができます。

配送買取だと時間は少しかかりますが、自身で持ち込む手間が省けるので、自分のペースで買取依頼を出すことが可能。自分にとってベストな方法を選択すれば、買取をスムーズにすすめることができます。

回収依頼もしくは発送手配をする

宅配買取の場合は、発送手配を行います。段ボール箱など梱包材を無料で用意してくれる業者も多いので、連絡して梱包材料を送ってもらいましょう。その後の手順は、業者によって依託している配送会社が異なる場合もあるので、業者ごとのルールに準じます。

この配送方法も、自分で郵便局や配送会社に持ち込む方法以外にも、自宅まで引き取りに来てくれることもあります。自分が使いやすい方法を実施しているお店かどうかも、事前にチェックしておきましょう。

また、出張買取の場合は、回収依頼をします。こちらも、有料・無料などサービスが業者によって異なるので、業者ごとのルールに沿って必要な料金を支払い、回収してもらいましょう。

製品を確認後に支払い

個人情報保護のためにも、パソコンを売る前にはデータ消去が必須です。お店によってはこのデータ消去を受け持ってくれることもあるので、データ消去が自分では不安な場合は、お店にお願いするのも1つの方法です。

最後にお店の方で製品を確認できたら、買取料金が支払われます。店頭での買取や出張買取ならその場で現金受け渡し、配送買取なら振込で料金が支払われることが多いです。お店によっては支払い方法を選べることもあるので、事前に確認しておきましょう。

また、料金の振込手数料はお店ごとに扱いが異なります。全て負担してくれる業者もあるので、同じ金額を提示している業者を見比べる時の1つの判断ポイントになります。

おすすめのパソコン買取業者

個人情報保護に対しても信頼性があり、対応やサービスのよさが評価されている、おすすめのパソコン買取業者を5店舗をご紹介します。

パソコン高く売れるドットコム

パソコン高く売れるドットコム パソコン高く売れるドットコムで査定する

ネット経営に特化することで、高価買取可能を実現しているお店です。電話1本の申し込みで、即日査定してもらえます。また全国どこにでも対応してもらえるため、近くに買取店が無いという場合にも利用できるお店です。

出張料・送料・査定料が完全無料で、査定額に納得がいかなかった時のキャンセル返送料負担サービスもあり、徹底して依頼する側の気持ちに寄り添ったサービスが展開されています。webフォームからも査定金額がすぐに分かるので、見積もりをしたい人にもおすすめです。

ReRe買取

ReRe買取 ReRe買取で査定する

リユース品の購入・売却ができるECショップです。リユース品は状態別に中古・ジャンク・新品といった形に販売がされています。その中で、パソコンをはじめとしたあらゆる中古品の買取サービスも実施しています。全国対応、利用料無料かつ売る前に目安の査定金額がわかる事前査定を実施しているので気軽に利用することができます。

パソコンの買取実績も公表されているため参考にチェックしてみてはいかがでしょうか。

おいくら

おいくらで査定する

ご自身の売りたいパソコンのスペック等を入力することで、買取したい複数のリサイクルショップからまとめて査定価格の見積もりが届く買取サービスです。一度の申し込みで最大20社から査定結果がもらえるため手間をかけず高値で売れるショップを見つけることが可能です。

ソフマップ

ソフマップ

【参照リンク:https://www.sofmap.com/kaitori/index_sp.aspx

パソコン買取専門店として、幅広い商品を取り扱っているお店です。コンディションのよいパソコンは高価買取してもらえ、ソフマップ会員になることで特典やポイントもゲットできます。

店頭買取と宅配買取から選ぶことができ、宅配買取は送料・手数料・ダンボール無料なのが嬉しいポイント。振込方法も手数料をソフマップが負担してくれるのがポイントです。データ消去も専門のスタッフが対応してくれるので、個人情報保護を気にする人にもおすすめです。

デジトク

デジトク

【参照リンク:https://kaitori-digitoku.jp/

コンディションの悪いパソコンでも扱ってもらいたい場合や、できるだけ対応早いお店にお願いしたい場合におすすめなのがデジトクです。宅配買取に特化しており、送料・手数料・ダンボール無料で、最短翌日には買取用のダンボールが送られてきます。

申込時の条件は特にないので、汚れていたり傷がある状態のパソコン(Windows XPのような古いOSのパソコン)でも、デジトクなら査定をしてもらえます。

データ消去についても、米国立標準技術研究所準拠のデータ消去方式であるNIST方式を採用しており、買取後も安心してデジトクにお願いできるサービスがそろっているのが特徴です。

Joshin

Joshin

【参照リンク:http://kaitori.joshin.co.jp/

全国で利用可能のお店を探している人に、Joshinはおすすめです。店舗も日本各地にあるため持込査定もしてもらいやすく、1,000円以上の買取額がつく場合は宅急便買取もしてもらえます。

引き取りサービスあり(通常有料)で、キャンペーン中は無料になるため、引き取りを検討している人はどのキャンペーンを利用できるかチェックしておきましょう。

また、Joshinでは、下取りサービスが充実しており、古いパソコンを下取りに出してパソコンを新たに購入すると、下取り代金にプラスして3,000ポイントが加算されます。お得に新しいパソコンを手に入れたい、という人におすすめです。

ジャンク品パソコン買取ドットコム

ジャンク品パソコン買取ドットコム

【参照リンク:http://junkhin.com/sp/

使える部品が何かを判断して査定してくれるため、ジャンク品パソコン買取ドットコムでは壊れたパソコンも買取対象になります。宅配買取専門なので、その分の人件費や地代が全て、高価買取に還元されています。

見積もり後、買取できることを確認したら、ダンボールに詰めて送るだけ。送料・手数料無料なので、引っ越しが近い人や忙しい人にもうってつけです。データ消去サービスも付帯するので、安心してお願いできるでしょう。

引き取りサービスはありませんが、壊れたパソコンでも値段が付く可能性が高いので、他のお店で買取できないといわれた場合も、ジャンク品パソコン買取ドットコムに一度見積もり依頼をしてみるのも一策です。

自作パソコンやBTOパソコンの買取

自作パソコンやBTOパソコンの買取

自分でパソコンを作った人や、カスタマイズ生産品であるBTOパソコンは、思い入れが強いぶん納得のいく価格で買取ってもらいたいところです。その買取には、3つの特徴があります。

パソコンパーツ店などで買取ってもらう

自作パソコンやBTOパソコンは、一応中古品買取などの対象になります。しかし、お店によっては自作パソコンやBTOパソコンを取り扱っていないこともあり、注意が必要です。

自作パソコンやBTOパソコンは、市販のものよりパフォーマンスも高い傾向にあるのですが、専門知識がないと査定しにくいため、特に中古販売店では扱っていないことがほとんどです。

パーツごとの価値などを正確に判断してもらうためには、じゃんばらやドスパラ、PC DEPOTなど、パソコンパーツ店で買取ってもらうのが一番です。それぞれのパーツを査定してもらえるため、査定も納得のいく価格が得られやすくなります。

故障していても買取可能

自作パソコンやBTOパソコンは、故障していてもパソコンパーツ店なら買取ってもらえます。パソコンパーツごとに査定するため、モニターやマザーボードなど、壊れていない使えるパーツを査定することで、結果として買取額がつくのです。

故障して動かなくなってしまった場合でも、自作パソコンやBTOパソコンなら諦めずに、パソコンパーツ店へ持ち込んで査定してもらいましょう。また自分で壊れたパーツかどうか判断できる場合は、使えるものだけ選んで査定に出すという方法もありです。

ジャンク品としてオークションに出品

ネットオークションでは、パソコンのジャンク品の売買は頻繁に行われています。検索が簡単なことや、お店に行かなくても手に入ること、レアなパーツが手に入ることなど、理由は様々です。

ネットオークションなら出品の手間こそかかりますが、欲しい人同士が値段を釣り上げあう場合もあるので、思いもよらない値段がつく可能性があります。パソコンパーツ店以外の場所で売りたい場合には、ネットオークションを利用するのも1つの方法です。

自作PCの買取についてはこちらの記事でさらに詳しく解説しています。売却方法や高く売るコツなど書かれているのでぜひ読んでみてください。

廃棄対象のパソコンを引き取ってもらう方法

廃棄対象のパソコンを引き取ってもらう方法

買取店から廃棄対象であるといわれてしまったパソコンを、どうにかして引き取ってもらいたいという場合には、いくつか方法があります。

買取業者に引き取ってもらう

買取業者によっては、査定を受けるなど条件をクリアすることで、無料で回収してくれることもあります。またジャンク品として、パソコンパーツ店に引き取ってもらうという方法もあります。

買取をしてもらうわけではないのでお金にはなりませんが、廃棄にかかる費用を省くことができます。

メーカーに引き取ってもらう

平成15年資源有効利用促進法が制定されたことで、製造元のメーカーが、自分のメーカーの不要になったパソコンの回収・リサイクルの責任を負うことになりました。PCリサイクルマークというシールが貼ってある商品なら、メーカーにホームページや電話で依頼することで無料回収してもらえます。

このPCリサイクルマークはパソコンの側面や裏側、小型のパソコンなら説明書などに添付されているので、確認しておきましょう。注意したいのは、PCリサイクルマークが貼られていない場合は、回収資源化料金がかかってしまうことです。

一般的にノートパソコンやデスクトップパソコンなら、税込み3,000円。ブラウン管ディスプレイやCRT一体型パソコンは税込み4,000円が手数料としてかかるので、申し込む前にメーカーのホームページなどでチェックしておきましょう。

家電量販店に引き取ってもらう

家電量販店は、店舗ごとにサービス内容や範囲は異なりますが、小型家電リサイクル法の施工と共に買取・下取りを行っています。リサイクル企業と連携することで対応している店舗もあるため、無料の場合もあれば、有料の場合も。

そのため、各店舗で対応の幅を確認する必要はありますが、店頭で直接スタッフとやりとりできるため、その点では安心できるでしょう。

不用品業者に引き取ってもらう

大抵の要らないものを引き取ってくれるので、価値のないパソコンでも引き取ってもらえます。しかし、信用度の低い業者にお願いすることが無いように、同じ不用品業者でも比較が必要です。一般廃棄物の許可や古物商許可証など、資格や免許を明記している業者にお願いしましょう。

パソコンに特化している不用品業者では、リユース・リサイクルを通して利益を得ているため、不用になったパソコンでも安心してお願いできます。

市町村などの自治体に引き取ってもらう

平成25年小型家電リサイクル法により、自治体ごとにパソコンや小型家電を引き取るサービスを実施しています。ただし、市町村ごとに回収条件が異なり、自治体によってはパソコンの引き取りそのものを実施していない場合も多いので、注意が必要です。

一部の自治体は無料で実施してくれるので、自分の自治体がどんな対応をしてくれるのか、ホームページや役場に問い合わせてみるのをおすすめします。

古いパソコンの処分方法についてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。

パソコンを売る時の注意点

パソコンを売る時の注意点

買取の基礎知識をおさえたら、売るときの注意点も知っておきましょう。自分の個人情報を守り、次の新しいパソコンをスムーズに使うために必要なことばかりです。

データをバックアップする

前のパソコンのデータの整理を兼ねて、外付けハードディスクなどにデータをバックアップしておきます。次のパソコンに移動できるように、自分の使いやすい形で保存しておきましょう。また、引っ越しツールを活用すれば、ソフトウェアごと丸ごと引っ越しできます。

引っ越し先となる新しいパソコンをまだ手に入れていない場合は、ネット上でデータをアップロード・保存できるクラウドの有効活用をすると便利です。iTuneの認証解除も、この時、忘れずに行っておきましょう。

他にもMicrosoftアカウントの連係解除など、そのパソコンに登録してある内容は、保存しつつ全て解除しておくことが必要です。新しいパソコンが到着してから「あのデータがない」と困らないように、事前の用意を怠らないようにしましょう。

関連記事

データを消去する

データの消去は、自身の情報を次に使う人に漏らさないためにも、必ずやっておかなくてはなりません。特にパソコンを使ってネットバンキングやネットショッピングを利用していた場合は、自分の口座番号やクレジットカード番号、暗証番号がデータとして残っている場合があります。

パソコン買取専門店によってはデータ消去や初期化も対応してくれますが、自治体や廃品回収の場合は自分で消去する必要があります。特に、パソコンを完全に使える状態で売りに出したい人は、ハードディスクデータを綺麗に消去しておいた方が安心です。

データの消去方法とは

ゴミ箱へ要らないデータを全て移動させたら「ゴミ箱を空にする」を選択して、データを消去します。このとき、必要なデータまで消去してしまわないように、あらかじめデータを選別しておくか、日頃から捨ててもよいデータと捨ててはいけないデータを分かりやすく保存しておくことが大切です。

しかし、ゴミ箱を空にしただけだと、このデータは復元可能です。専用のソフトウェアを利用して、念には念を入れてデータを消去しておきましょう。

データを初期化する

データの消去に合わせて、データの初期化も行いましょう。PC設定メニューから「すべてを削除して再インストールする」を選択し、ハードディスクデータの内部記憶が初期化される機能を、「フォーマット機能」と呼びます。

また初期化ディスクを使った、リカバリー機能を利用したハードディスクデータの初期化もあります。しかし、ハードディスクデータに詳しい人の手にかかれば、フォーマット済み、リカバリー機能を使用した後も、データを再度引き出されてしまう可能性も。

最もデータ初期化が確実なのは?

データ初期化は下記のような方法が挙げられます。

  • 専門の業者に依頼して磁気を使ってデータ消去をしてもらう
  • 専用のソフトウェアを使ってデータを消去する
  • ハードディスクを完全に破壊する

買取をしてもらう予定であれば、専門の業者に依頼するか、専用のソフトウェアを利用するかのどちらかで選んだ方がよいでしょう。業者に依頼する場合は2,000円ほど、ソフトウェアを利用するなら無料でダウンロードできるものもあるので、事前にチェックしておくのがおすすめです。

ジャンクの場合は?

パソコンがすでに壊れていて電源が入らないなど、データ消去に必要な操作ができない場合は、ソフトウェアを利用することももちろんできません。その場合は専門の業者に依頼するか、自分でパソコンを分解してハードディスクを取り出します。

ドリルで穴を開けたり、トンカチやハンマーで物理的に破壊しておくと安心です。ハードディスクがない状態のパソコンでも、ジャンク品としてパソコンパーツ店などに持ち込むと、パーツ単位で査定してもらえます。

買い替えのパソコン購入を優先に動く

パソコンの不調により仕事や生活に影響が出ている場合は、買い替えを優先して処分は後から考えるのも方法の1つです。下取りなら家電量販店などでデータ消去を受け持ってもらえたり、金額が安くなったり、サービスが受けやすくなります。

また、パソコン買取店によっては、買取と購入を同時に行うことで、より多くのサービスを受けることもできます。古くなったパソコンでも、ジャンク品やパーツとして売る方法もあるので、新しいパソコンを選んでからでも遅くはありません。

自分が優先すべきは何か見極めてから、パソコンを買取に出すようにできればベストです。

関連記事

パソコンの買取は条件にあう方法を選ぼう

パソコンの買取は条件にあう方法を選ぼう

パソコンを買取ってもらう方法や、注意点、高価買取のコツなどを理解したところで、自分の優先したい条件をチェックしてみましょう。買取方法はそれぞれ特徴があるので、自分の条件にあうものを選ぶことが大切。

高く買い取ってもらえるようにしたいのか、できるだけ安く引き取ってもらいたいのか、送料や手数料の有無なども比較の対象です。見積もり査定の依頼を通して、できるだけ自分に有利な条件になるよう検討しましょう。

齊藤数馬 / 編集長
齊藤数馬 / 編集長

買取業界のWebマーケティングに携わり3年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。様々な物の処分方法や買取ポイントを紹介し、世の中にリユースを広めるべく活動しています。

関連キーワード