• 車買取おすすめ

車のバッテリーの寿命は?前兆や長持ちさせる方法をご紹介

消耗品である車のバッテリーには寿命があります。ここでは寿命が近づいたときの症状や、少しでもバッテリーを長持ちさせる方法についてご紹介します。バッテリーが弱っていく原因についてもあわせてチェックしましょう。

sirasaka

カーネクスト

車のバッテリーの寿命は?前兆や長持ちさせる方法をご紹介

車はさまざまなパーツで構成されており、細かいものまで含めると膨大な数に上ります。

その中でもバッテリーは、代表的な消耗部品です。車に必要不可欠な電子部品ですが、どのタイミングで寿命が訪れるかわからないという人も多いかもしれません。

ここではバッテリーの寿命や、寿命が近づいたときに起こる症状などについてご紹介します。

また、バッテリーの寿命を延ばすためのコツについても解説しますので、ぜひ参考にしてください。

※相場情報は実際の買取価格と異なる可能性がございます。

バッテリーの寿命はどれくらいなのか

バッテリーの寿命はどれくらいなのか

一般的にはバッテリーの寿命は2~3年程度といわれています。

ただし必ずしもこの期間で寿命を迎えるとは限りません。

使用している環境下や、ドライバーが日頃どのような運転をしているかによっても変わってきます。

日頃から車を頻繁に使用している場合、4~5年程度まで寿命が長くなることもあります。

バッテリーは運転することで充電されるため、毎日動かしている車のほうが持ちがよくなる傾向があります。

しかし、頻繁にエンジンをかけて動かしていても、ある日突然寿命が来てしまうケースがあるのも事実です。

寿命が迫っているときの症状とは?

寿命が迫っているときの症状とは?

さまざまな要因によって知らぬ間にバッテリーの寿命は削られていき、ある日突然バッテリーが使えなくなることも少なくありません。

しかし寿命が近づいている場合、それを示す何かしらの症状が出ていることが多いでしょう。

症状にさえ気づければ、交換のタイミングを早めに察知できるようになります。

代表的な症状として、セルモーターを回したときに勢いがないことが挙げられます。

元気なバッテリーは、セルを回せば勢いよくエンジンがかかりますが、弱々しい、なかなかエンジンがかからないとなると寿命が近づいている可能性が高いでしょう。

また、以前よりもライトが暗くなった気がする、走行中に明るさが変化するといった症状もバッテリー交換前によく見られます。

ほかにも、クラクションの音が以前よりも小さい、パワーウィンドウの動きが悪いといった症状も前ぶれとしてあることを覚えておきましょう。

セルモーターやライト、パワーウィンドウなどはすべてバッテリーを電源としています。

そのため、弱っているとこれらの部分へダイレクトに影響を及ぼすのです。

ここで紹介したような症状が確認できるのなら、そろそろ寿命が近いというサインかもしれません。

バッテリー寿命が近づくと起きること

バッテリー寿命が近づくと起きること

バッテリーが弱ることで出てくる症状については前述しましたが、症状が進むと走っている最中にバッテリー上がりを起こす危険があります。

走行中の電装系部品はバッテリーの電力で動いているため、バッテリーが上がってしまうと、プラグへの電気供給が止まってしまいます。

プラグはエンジンを駆動させるために必要なパーツです。

電気が送られてこなくなると、最悪の場合エンストする可能性もあります。

エンジンが止まれば当然走行もできなくなり、ほかの電装系部品も使えなくなるのです。

寿命を延ばす運転方法

寿命を延ばす運転方法

バッテリーの消耗率は、ドライバーの運転方法で大きく変わってきます。

決して安いパーツではないため、少しでも長持ちさせるために日頃から寿命を延ばせるような運転を心がけましょう。

ここでは、寿命を延ばすのに効果的な運転方法についてご紹介します。

少し長めにアイドリングさせる

近年、アイドリングストップ機能が搭載される車が増えてきましたが、少しでもバッテリーを長持ちさせたいならばアイドリング状態を長めにとってみるのも1つの手です。

あまり長くアイドリングさせるのは環境のためにもよくないので、いつもより2~5分程度、少し長めに暖気をします。

アイドリング状態では、充電も行われています。

毎日車で通勤・通学している人であれば走行するだけで十分ですが、毎日少ししか乗らない人の場合は、充電よりも使う電気のほうが多くなりやすいでしょう。

毎日長時間車に乗らないという人こそ、アイドリング状態を長めにとるのがおすすめです。

夜間の走行を控える

夜のドライブが好きという人もいるかもしれませんが、バッテリーをなるべく長持ちさせたいならばナイトドライブはあまりおすすめしません。

夜間や早朝など、周りが暗いときの走行は当然ライトを点灯します。

そうなると自然にバッテリーから電気を使うことになります。

夜間の走行頻度を少なくすれば、ライトを点灯する機会が減るため、バッテリーへの負担を少なくできます。

どうしても夜運転する必要があるという人は信号待ちのときなど、できるだけライトを減光する工夫をしてみましょう。

定期的に運転する

久しぶりに車のエンジンをかけようと思ったら、エンジンがうまくかからなかったという経験をしたことがあるかもしれません。

これはいわゆるバッテリー上がりです。

使っていない間も少しずつ放電されていて、そのまま完全に充電がなくなってしまった状態を指します。

前述したように、車のバッテリーは走行中に充電されているので、しばらく動かさないでいると充電がまったくできず電気が出ていくばかりです。

バッテリー上がりを防ぐためにも定期的に運転することをおすすめします。

また定期的に運転することで、タイヤの表面が硬化するのを防ぐ効果も期待できます。

気温が低すぎるところで運転しない

生活環境や住んでいる地域によって左右されてしまうのは仕方のないことですが、気温がバッテリーに及ぼす影響は決して少なくありません。

バッテリーに使用されている電解液が冷えてしまうと、化学反応が鈍り電気容量も下がるのです。

極端に寒い場所で車を使用し続けていると、電気の使用量は多いのに充電はあまりできないという状況に陥ってしまいます。

その結果、バッテリー上がりを引き起こしてしまうというケースも少なくありません。

バッテリーのメンテナンスも入念に

バッテリーのメンテナンスも入念に

バッテリーを少しでも長持ちさせるためには、メンテナンスもしっかり行いたいものです。

メンテナンスは簡単にできることばかりなので、ぜひこちらも覚えておきましょう。

テスターでチェックする

バッテリーの状態を確認する専用のテスターを使うだけで、バッテリーのコンディションを把握できます。

電圧や内部抵抗値をチェックすることで、バッテリー全体の状態がわかるのです。

テスターはホームセンターやカー用品店などで購入できます。

わざわざ購入するのは避けたいという人は、ガソリンスタンドや整備工場で測ってもらうという方法もあります。

チェックだけであれば無料で実施してくれることがほとんどなので、気になる人はガソリンを入れる際などに聞いてみましょう。

電解液をチェックする

電解液は少しずつ少なくなっていくため、定期的に目視でチェックする必要があります。

少なくなると極板という化学反応を担っている部分が露出する原因にもなりかねません。

液の総量が少なくなると、化学反応を発生させる部分が少なくなるため、力が弱くなってしまいます。

チェックするときは、まず本体の上についているカバーを取り外します。

カバーを外すと穴が出てくるので、その中を覗き込んで量をチェックしてください。

よく見えない場合は、懐中電灯やペンライトなどを使って確認しましょう。

車を買い替えるという選択肢も

バッテリーが弱くなったタイミングで車を買い替えるという選択肢もあります。

買い替えればもちろんバッテリーも新しくなるので、このタイミングで車を手放すのも方法の1つです。

続いては、車を売却する方法についてご紹介します。

車を売却する方法

車を売却する方法

方法はいろいろありますが、個人売買やネットオークション、買取店への売却が一般的です。

それぞれどんな特徴があるか見ていきましょう。

個人売買

友人や知人などに売却する方法です。

気心知れた相手との取引のため、気楽に売却できるというメリットがあります。

ただ、すべての手続きを自分たちでやらなくてはならないため、手間がかかります。

またトラブルになりやすい取引方法でもある点にも注意が必要です。

ネットオークション

最近ではネットオークションで車を売買するのも一般的になってきましたが、こちらも個人間での売買となるので、トラブルも少なくありません。

相場よりも安く買える、珍しい車が出品されていることがメリットとしてありますが、やりとりは慎重に行う必要があります。

買取店

中古車を買取専門店への売却する方法です。査定を受け、金額に納得したら売却という流れになります。

お店によって査定基準が異なるため、いくつかのお店で査定を受けるとよいでしょう。

車に関するスペシャリストが丁寧に査定をしてくれるので、安心感もあります。

一括査定サイト

一括査定サイトとは、複数の中古車買取店や中古車販売店などへ、一斉に査定の申し込みができるサービスです。

オンラインで利用でき、査定だけであれば費用もか かりません。もっとも高値をつけてくれた業者に売却できるため、少しでも高く車を売りたい人はチェックしましょう。

おすすめは一括査定サイト

売却手続きにかかる手間やトラブルを回避など、総合的に考えると一括査定サイトの利用をおすすめします。

簡単な手続きで複数社へ査定依頼ができ、一番高値を提示した業者に売却できます。

買取店に持ち込んで査定を受けるような手間もないので、時間のない忙しい人にもぴったりの方法です。

車高く売れるドットコム

車高く売れるドットコム

愛車を高く売却したいのなら、高く売れるドットコムの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

売りたい車の情報を入力するだけで、200を超える全国の買取店の中から最大8社が査定をしてくれます。

買取店との間でトラブルが発生した場合、専用の相談窓口も設けているので、初めて車を売却する人でも安心して利用できます。

車高く売れるドットコムで査定する

まとめ

車のバッテリーが寿命を迎えると、突然エンジンがかからなくなるなど、なにかと不便です。

消耗品である以上必ず寿命はやってきますが、できるだけ長持ちさせるためには今回紹介した方法を試してください。

ちょっとした知識と工夫で、バッテリー寿命を延ばすことが可能です。

また、バッテリーの寿命がきたタイミングで、車の売却や買い替えを考えるのもよいアイデアでしょう。

その際には、ぜひ高く売れるドットコムの利用を検討してください。

愛車のお金にまつわる話はここから探そう

維持費や自動車ローン、買取から廃車、自動車用語まで、車のお金に関するトピックをまとめました。

>>【愛車のお金にまつわる話】維持費・ローン・買取関トピックを探す<<
sirasaka / 編集長
sirasaka / 編集長

弊社マーケットエンタープライズが運営する総合買取サービス「高く売れるドットコム」にて査定業務や出張買取などに携わり、現場で培ったリアルな知見を活かし「満足できる買取体験」を提供すべく買取メディアの運用も行っています。 利用者様の買取にまつわる疑問を解決できる有益な発信のため、日々精進してまいります! リユース営業士資格保有(日本リユース業協会より授与)

sirasakaの執筆記事一覧 ≫

関連キーワード