一朱銀にはどのくらいの価値がある?種類と価値を徹底解説!

一朱銀には、現在、どのくらいの価値がついているのでしょうか。実は、高いもので数十万円、安くても数万円の価値がついていると言われています。そのため、今回は種類別に一朱銀の価値をまとめたので、「一朱銀の価値が気になる」という方はぜひ参考にしてみてください。

齊藤数馬



一朱銀にはどのくらいの価値がある?種類と価値を徹底解説!

江戸時代に発行された一朱銀。

もちろん、現在は発行されていないため、希少価値がつき、数十万円~数百万円の価値がついている一朱銀も存在します。

数十万円~数百万円の価値がついている一朱銀もあるため、一朱銀をお持ちであれば、一度買取査定に出してみてはいかがでしょうか。

しかし、買取査定に出してみようと言われても、「具体的にはどのくらいの価値がついているのか?」という疑問を抱えている方も多いかと思います。

そのような方のために、この記事では種類別に一朱銀の価値を具体的にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

一朱銀とは

元々、江戸時代には銀貨や丁銀などが使われていましたが、それらは全て重量で価値が決まっていました。

しかし、それでは取引が行いにくかったのか、江戸時代後期からは、現在のように額面で価値が決まる貨幣が使われるようになりました。

それが一朱銀です。一朱銀は長方形の短冊形をしているという特徴があります。

一朱銀の本物と偽物を見分ける方法

一朱銀の本物と偽物を見分ける方法

実は、偽物の一朱銀も存在します。そのため、ここでは本物と偽物の見分け方を具体的に説明していきます。

重さで判別する

まずは、一朱銀の重さで本物か偽物か見分けましょう。

本物の一朱銀は、大体1.9g前後で製造されているため、比較的重さが安定しています。

しかし、偽物の一朱銀は1.4gのものがあったり2g以上のものがあったりと、重さが安定していません。

そのため、1.8g以下、もしくは1.95g以上の一朱銀は偽物である可能性が高いと言えます。

色味で判別する

次に、一朱銀の色味で本物か偽物かを見分けましょう。

一朱銀は、比較的鮮やかな銀色をしています。黒ずんでいる一朱銀もあるかと思いますが、銀特有の黒ずみ方をしています。

しかし、偽物の一朱銀は、銅で製造されていることが多いため、くすんだ銀色をしており、決して鮮やかな銀色とは言えません。

また、劣化すると緑色や青色に変化するというように、銅特有の症状が現れます。

そのため、鮮やかな銀色をしていない一朱銀は偽物である可能性が高いと言えます。

デザインで判別する

最後に、一朱銀のデザインで本物か偽物か見分けましょう。

確認していただきたいポイントは以下の通りです。

本物の特徴 偽物の特徴
表面の凸凹 細かい凸凹がある 凸凹がない、又は一つ一つの凸凹が大きい
側面 斜めにやすりがけされている やすりがけされていない
全体 比較的薄い 比較的厚く、角ばっている
劣化した部分 劣化しても銀が見える 劣化すると銅が見える
文字 文字の完成度が比較的一定に保たれている 文字の完成度が不安定

一朱銀の種類と価値

ここでは、一朱銀の種類と価値を具体的に説明していきます。

文政南鐐一朱銀

文政南鐐一朱銀とは、1829年~1837年まで発行されていた一朱銀です。

文政南鐐一朱銀は、「南鐐」といった文字が名前に入っているという特徴があります。

ちなみに、「南鐐」には、「上質な銀」という意味が込められています。

貨幣の細かい状態によっても異なりますが、文政南鐐一朱銀の価値は以下の通りです。

未使用品 比較的状態が良い 普通
文政南鐐一朱銀の価値 2000円前後 500円~1500円 500円前後

文政南鐐一朱銀の中でも「逆打」と呼ばれる貨幣には、10万円以上の価値がつくこともあります。

嘉永一朱銀

嘉永一朱銀とは、1853年~1865年まで発行されていた一朱銀です。

嘉永一朱銀は、文字刻印や文体などが特徴的なのですが、プロでも見分けるのが難しいと言われています。

貨幣の細かい状態によっても異なりますが、嘉永一朱銀の価値は以下の通りです。

未使用品 比較的状態が良い 普通
嘉永一朱銀の価値 1000円前後 100円~1000円 100円前後

嘉永一朱銀も文政南鐐一朱銀と同様に、「逆打」と呼ばれる貨幣には、10万円以上の価値がつくこともあります。

明治一朱銀

明治一朱銀とは、1868年~1869年まで発行されていた一朱銀です。

様々な呼び名があり、「川常一朱銀」や「貨幣司一朱銀」などとも呼ばれています。

貨幣の細かい状態によっても異なりますが、嘉永一朱銀の価値は以下の通りです。

未使用品 比較的状態が良い 普通
嘉永一朱銀の価値 6万円~10万円 6万円前後 200円~1000円
非交差の価値の価値 6万円前後 5万円前後 ~5万円
明治手一分銀の価値 4万円前後 2~4万円 ~2万円
跳分の価値 7万円前後 ~7万円 ~3万円
跳分跳銀の価値 8万円前後 ~5万円 ~1万円

安政一朱銀

安政一朱銀とは、1859年~1868年まで発行されていた一朱銀です。

先ほど紹介した嘉永一朱銀は、書体で2つの一朱銀に分けることができます。

その中の1つが安政一朱銀なのですが、嘉永一朱銀と品質が似ていることから安政一朱銀も嘉永一朱銀として取り扱われることがほとんどです。

貨幣の細かい状態によっても異なりますが、安政一朱銀の価値は以下の通りです。

未使用品 比較的状態が良い 普通
安政一朱銀の価値 3000円前後 ~3000円 ~1000円

安政一朱銀の中でも「三ツ跳」という貨幣は特に価値が高く、1万円以上の価値がつくこともあります。

高価買取が期待できる一朱銀の特徴

高価買取が期待できる一朱銀の特徴

高価買取が期待できる一朱銀には、ある特徴があります。

そのため、ここではどのような特徴があると高価買取が期待できるのかということについて具体的に説明していきます。

残存数が少ない

残存数が少ない一朱銀は高価買取が期待できます。

そのため、ここでは残存数が少ない一朱銀の種類について具体的に説明していきます。

Dc型

Dc型とは、一朱銀の表面に刻まれている「銀」の金部(部首のこと)の右下が欠けており、裏面に刻まれている「是」の左下が跳ねている一朱銀のことです。

過去には、比較的状態が良いDc型の嘉永一朱銀が、相場の約3倍~約8倍の4400円で落札されています。

De型

De型とは、一朱銀の表面に刻まれている「銀」の金部の右下が欠けており、裏面に刻まれている「座」が縦に長く、隙間が多い一朱銀のことです。

過去には、比較的状態が良いDe型の嘉永一朱銀が、相場の約21倍~約215倍の2万1510円で落札されています。

Ec型

Ec型とは、一朱銀の表面に刻まれている「銀」の金部の2つの点がほぼ垂直に近い縦向きに打たれており、裏面に刻まれている「是」の左下が跳ねている一朱銀のことです。

過去には、比較的状態が良いEc型の嘉永一朱銀が、相場の約25倍の2万5000円で落札されています。

エラー品

エラー品である一朱銀は高価買取が期待できます。

そのため、ここでは価値があるエラー品の種類について具体的に説明していきます。

逆打

逆打とは、表面の刻印と裏面の刻印が上下逆向きになっているエラー品のことです。

状態によっても異なりますが、30万円以上の価値がつくことも珍しくありません。

実際、過去には逆打の南鐐一朱銀に、約40万円の価値がついたこともあります。

定落

本来、一朱銀の裏面には「定」という文字が刻まれているのですが、「定」という文字が刻まれていない一朱銀もあり、これを「定落」と言います。

基本的に定落というだけで高い価値がつきますが、その中でも嘉永一朱銀の定落は非常に高い価値がつきます。

一朱銀の状態によっても異なりますが、20万円以上の価値がつくことも珍しくありません。

実際、過去には比較的状態が良い嘉永一朱銀の定落に、33万円の価値がついたこともあります。

一朱銀を高価買取してもらうコツ

一朱銀を高価買取してもらうコツ

一朱銀というだけで基本的には高価買取が期待できますが、ある方法を試すことでさらに高い価値がつく場合もあります。

そのため、ここでは一朱銀を高価買取してもらうコツについて具体的に説明していきます。

古銭の買取実績がある業者に買取してもらう

一朱銀を買取してもらう場合は、基本的に古銭の買取実績がある業者に買取してもらいましょう。

なぜなら、古銭の買取実績がない業者に買取を依頼すると、適切な価値で買い取ってもらえない可能性があるからです。

古銭の買取実績がないということは、古銭に精通した査定士がいない可能性が高いと考えられます。

その場合、古銭に詳しくない査定士が一朱銀を査定することになります。

つまり、査定士とはいえ、素人が査定しているのと何ら変わりはありません。

そのため、可能な限り、古銭買取実績がある業者に買取査定してもらいましょう。

2社以上の業者に買取査定してもらう

一朱銀に限らず、何かを売却する場合は、必ず2社以上の業者に買取査定してもらいましょう。

今回紹介してきた買取相場は、基本的に「目安」です。

つまり、実際の買取価格は各買取業者によって異なります。

例えば、A買取業者が提示した買取価格は30万円、B買取業者が提示した買取価格は40万円ということが頻繁に起こります。

このようなことが頻繁に起こるため、可能であれば5社以上で買取査定してもらいましょう。

しかし、そこまでするのは面倒という方も多いかと思います。

その場合は、高く売れるドットコムが提供している無料一括査定サービスを利用してみましょう。

無料一括査定サービスを利用することで、最大20社からの買取査定金額があなたの元に届きます。

全てWeb上で完結するため、「複数店舗に行くのが面倒」「複数店舗に行く時間がない」という方におすすめです。

丁寧に保管する

一朱銀の売却を考えていたとしても、すぐには売らないという方もいるかと思います。

その場合は、売却予定の一朱銀を売却する時まで丁寧に保管しておきましょう。

一朱銀も、直射日光や湿気などによって劣化していきます。

劣化してしまうと、もちろん価値が下がってしまうので注意しましょう。

劣化を防ぐためにも、100円ショップやホームセンターなどで販売している硬貨専用ケースに入れて保管することをおすすめします。

古銭買取ならバイセルがおすすめ

バイセル|古銭買取

古銭買取の最大手といわれる業者です。古銭に汚れ、折れ、傷などがあっても基本的には問題ないので、迷ったらまずはこちらでの査定を考えてみてもいいかもしれません。

バイセルの査定は、基本的に日本全国で対応しています。また女性査定員もいるので、女性のかたでも安心です。

※季節事情または一部地域は出張査定が難しい場合があるため、住んでいる場所が出張買取に対応しているか24時間受付のコールセンターまで問い合わせてみてください。

また、売却後に万が一、「やっぱりまだ手元に残しておきたい」と思った場合、売却から8日以内であれば、電話一本でキャンセル(クーリング・オフ)することもできます。

出張・査定料 全国どこでも無料・キャンセル料も無料
電話問い合わせ有無 あり
サービスの特徴
  • お問い合わせ・お申し込みから最短で即日対応可
  • 出張買取・持込買取に対応
  • 査定料、送料、出張料などの手数料が無料
  • 査定経験豊富な査定員や女性スタッフが対応
  • 電話・WEBで申し込みや問い合わせ可能

  • バイセルで古銭を無料査定する

    まとめ

    この記事では、一朱銀の概要を初め、一朱銀の本物と偽物を見分ける方法や一朱銀の種類と価値、そして高価買取が期待できる一朱銀の特徴などを具体的に説明してきました。

    数百円程度の価値しかつかない一朱銀もありますが、数十万円、数百万円という価値がつく一朱銀も存在します。

    このように、場合によっては驚くような価値がついていることもあるので、一朱銀をお持ちであれば、一度買取査定に出してみましょう。

    高く売れるドットコムマガジンをご覧になった方へ

    業界最大級の高価買取サービス|高く売れるドットコム

    業界最大級の買取サービス「高く売れるドットコム」を利用しませんか? 買取対象品は家電、楽器、カメラ、オーディオ機器、フィギュアはもちろん、貴金属や骨董品まで幅広く対応しています。

    全国に買取店舗があり、持込による店頭買取査定を受けることも可能です。東京、大阪、福岡、北海道など主要都市で店舗を運営しています。

    ウェブで買取価格がすぐにわかる無料事前査定が好評。全国のリサイクルショップへ一括査定が可能な「おいくら」へも同時に申し込み可能です。

    上場企業が運営する買取サービスをぜひお試しください。

    簡単60秒の無料査定はこちら

    ※調査実施:株式会社ショッパーズアイ ※調査方法:インターネット調査
    ※調査期間:2020年1月31日~2月2日 ※調査対象:1044名、男女20〜79歳
    ※調査概要:家電買取サービス10サービスを対象にしたサイト比較イメージ調査
    ※比較対象企業:''家電買取サービス'' Google検索 (2020年1月23日 時点)

    齊藤数馬 / 編集長
    齊藤数馬 / 編集長

    買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。

    関連キーワード