• 古銭買取おすすめ

50円玉で価値のある年号は?50円玉でレアなのは何年?買取相場も解説!

エラーコインの代表格である50円玉。穴ずれ、穴なしなど多数存在しています。今回は、どんな50円玉に価値があるのか種類や特徴を分かりやすく解説していきます。

sirasaka

50円玉で価値のある年号は?50円玉でレアなのは何年?買取相場も解説!

中央に穴が開いており、菊花のデザインが施されている50円通貨。

現在、当たり前のように使われていますが、中には50円以上の価値がついている50円玉も存在します。

50円玉が10万円以上で取引されていることもあるので、珍しい50円玉を所有している場合は一度買取専門業者に査定してもらいましょう。

しかし、そこで気になるのは、「どのような50円玉だと価値があるのか?」ということだと思います。

この記事では、50円玉の価値や査定・買取を検討している方のために、次のような気になる点をまとめました!

具体的に分かりやすくまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

※相場情報は実際の買取価格と異なる可能性がございます。

50円玉の価値のある年号は?レアな発行年度まとめ

価値がある50円玉の種類

50円以上の価値がある50円玉は、主に3種類あります。

そのため、ここでは価値がある50円玉の種類や価値の高いレアな年代を具体的に説明していきます。

※価値については品質や査定時期等により異なります。

50円玉の価値は発行された年によって変わります。50円玉は毎年発行枚数が異なります。発行枚数が少なかった年の50円玉ほどレア度・価値が高まり、買取価格が高まる傾向があるのです。

この項目では、価値の高い50円玉の発行年数をまとめてご紹介します。この発行年の50円玉を持っている場合は、高く売れる可能性があるので、ぜひチェックしてみてください。

  • 昭和34年/昭和35年/昭和36年
  • 昭和62年
  • 平成14年~平成15年
  • 平成22年/平成23年/平成24年

50円玉の査定に
おすすめの業者をチェックする

穴無しの五十円ニッケル貨の価値と値段

出典:日本銀行

穴無しの五十円ニッケル貨は、昭和30年に日本で初めて発行された50円玉です。

他の50円玉とは異なり、中央に穴がないという特徴があります。

穴がない50円玉は珍しい部類に入るのですが、発行された年数は1955年と比較的新しいです。

穴無しの五十円ニッケル貨は発行期間が4年間と短く、中でも最後の発行年度である昭和33年の五十円玉は額面以上で取引されるケースがあります。

状態別に見た、穴無しの五十円ニッケル貨の価値は以下の通りです。

未使用品 美品 普通
穴無しの五十円ニッケル貨の価値 50円~1500円
完全未使用の場合は6,000円~
50円前後 ~50円


50円玉の査定に
おすすめの業者をチェックする

穴ありの五十円ニッケル貨の価値と値段

出典:日本銀行

穴ありの五十円ニッケル貨は、昭和34年に発行された50円玉です。

穴ありの五十円ニッケル貨は9年間発行されていたため、それほど価値は高くありません。

しかし、昭和34年~昭和36年に発行された穴ありの五十円ニッケル貨は、発行枚数が非常に少なかったため、比較的高値で取引されています。

また、昭和35年に発行された未使用品の五十円ニッケル貨は、1枚数千円とプレミアがついています。

状態別に見た、穴ありの五十円ニッケル貨の価値は以下の通りです。

未使用品 美品 普通
穴ありの五十円ニッケル貨の価値と値段 50円~500円
※数百円~数千円
※昭和34年~36年に発行されたもの
50円前後 ~50円

50円玉の査定に
おすすめの業者をチェックする

五十円白銅貨(現行貨幣)の価値と値段

出典:日本銀行

五十円白銅貨は、昭和42年に発行された50円玉です。

現在も使われている50円玉であるため、基本的に50円以上の価値はありません。

しかし、以下いずれかに当てはまる五十円白銅貨であれば、50円以上の価値が見込めます。

  • 昭和62年、平成14年~平成15年、平成22年~平成24年に発行されている
  • 発行枚数が少ない年度の50円玉(未使用)
  • プルーフ品

  • プルーフ品とは、表面を鏡のように磨いたり圧印を2回打ちしたりと、特別な加工が施されている貨幣のことです。

    また、昭和62年に発行された50円玉は、貨幣セットに組み込まれる50円玉のみ発行されました。

    つまり、昭和62年に流通用の50円玉は発行されなかったのです。

    そのため、昭和62年度の50円玉は希少性が高いということから、プレミアがついています。

    同様に、平成14年~平成15年、平成22年~平成24年も5円玉の発行枚数が少なかったため価値が高くなっています。

    状態別に見た、五十円白銅貨の価値は以下の通りです。

    未使用品 美品 普通
    五十円白銅貨の価値 50円~300円 50円前後 ~50円

    50円玉の査定に
    おすすめの業者をチェックする

    50円玉の買取におすすめの業者3選

    おすすめの50円玉買取業者を3社ご紹介します。価値の高い硬貨を持っているのであれば、ぜひ買い取ってもらいましょう。

    <>

    記念硬貨や古銭の買取・査定なら「高く売れるドットコム」

    アンティークLP

    弊社マーケットエンタープライズが運営する高く売れるドットコムは10万件超えの買取実績がある、総合買取サービスです。

    買取方法は出張買取、宅配買取、店頭買取があり、査定料や手数料、キャンセル料などは一切掛かりません。

    買取時の振込は最短翌日支払い、出張買取や店頭買取の場合はその場で現金を受け取るスピーディな買取も可能です。

    また高く売れるドットコムはWEBやお電話[0120-503-864] で無料事前査定もできます。
    とりあえずいくらで売れるか知りたい方にもおすすめです。

    古銭・旧紙幣の買取については、商品名に硬貨・紙幣の種類を入力すれば買取額や種類について担当の方が確認してくれるので、簡単に売却が可能です。

    高く売れるドットコムで50円玉が
    いくらで売れるか無料査定する

    WEB査定 WEB買取専用サイト
    サービス名 高く売れるドットコム
    電話査定
    (お急ぎの方)
    0120-503-864
    (年末年始除く9:15~21:00)
    運営会社 株式会社マーケットエンタープライズ

    高く売れるドットコムで
    50円玉を無料査定する

    古銭買取も行うバイセル

    バイセル|古銭買取
    • 多種多様な古銭の査定に対応
    • 傷やシミなど状態の関わらず無料査定可能
    • 買取後の販路が豊富なため高価買取がしやすい

    バイセルは古銭買取の最大手といわれる業者です。古銭に汚れ、折れ、傷などがあっても基本的には問題ないので、迷ったらまずはこちらでの査定を考えてみてもいいかもしれません。

    バイセルの査定は、基本的に日本全国で対応しています。また女性査定員もいるので、女性のかたでも安心です。

    ※季節事情または一部地域は出張査定が難しい場合があるため、住んでいる場所が出張買取に対応しているか24時間受付のコールセンターまで問い合わせてみてください。

    また、売却後に万が一、「やっぱりまだ手元に残しておきたい」と思った場合、売却から8日以内であれば、電話一本でキャンセル(クーリング・オフ)することもできます。

    バイセルで50円玉を無料査定する

    サービス名 バイセル
    電話査定 0120-542-668
    WEB査定 WEB買取専用サイト
    運営会社 株式会社BuySell
    Technologies

    バイセルで50円玉を無料査定する

    記念硬貨もあるなら買取プレミアム

    買取プレミアム
    • 古銭買取の実績が豊富な大手買取業者
    • 女性査定員が在籍しており、安心して相談可能
    • クーリングオフ可能、アフターフォローも万全

    買取プレミアムは、バイセルと同系列で古銭買取に強い実績を持つ大手の業者です。相談料・キャンセル料など一切無料で、8日以内のクーリング・オフも完備、日本全国対応で女性査定員もいるので安心です。

    他社と違い24時間365日いつでも対応OKという強みや、記念硬貨の買取額が高いという特徴など、買取プレミアムならではのメリットも。

    古銭だけでなく記念硬貨も多く所有しているというかたは、買取プレミアムがおすすめです。

    買取プレミアムで50円玉を無料査定する

    サービス名 買取プレミアム
    電話査定 0120-542-669
    WEB査定 WEB買取専用サイト
    運営会社 株式会社BuySell
    Technologies

    買取プレミアムで50円玉を無料査定する

    ▼他の古銭やプレミア貨幣の買取業者を比較したい方は、こちらで古銭の買取におすすめの業者や買取相場をご紹介しているので、ぜひお役立てください。

    高く売れる50円玉の特徴と買取相場

    高価買取してもらいやすい50円玉の特徴

    様々な種類の50円玉がありますが、どのような50円玉だと高価買取してもらえるのでしょうか。

    ここでは、高価買取してもらいやすい50円玉の特徴を具体的に説明していきます。

    エラー通貨

    エラー通貨と言っても、すぐに判別できるエラー通貨やプロが確認しなければ分からないエラー通貨など、様々な種類があります。

    また、エラー通貨の中でも価値が付くものと価値がつかないものがあります。

    そのため、ここでは比較的価値が高いと言われているエラー通貨の種類を具体的に説明していきます。

    穴無し通貨の買取相場

    穴無し通貨とは、本来穴が開いている場所に穴が開いていない通貨のことです。

    例えば、通常の50円玉であれば、中央に穴が開いていますが、エラー通貨である場合、中央に穴が開いていません。

    このように、穴無し通貨は比較的分かりやすいエラー通貨です。

    状態によっても異なりますが、穴無し通貨の価値は20万円以上と言われています。

    しかし、昭和33年以前の50円玉は、元々穴が開いていません。

    そのため、昭和33年以前の50円玉は、穴が開いていない硬貨が「通常」ですので注意しましょう。

    穴ずれ通貨の買取相場

    穴ずれ通貨とは、本来穴が開く場所ではないところに穴が開いている通貨のことです。

    状態によっても異なりますが、穴ずれ通貨の価値は、5万円以上と言われています。

    穴ずれ通貨は、穴のずれが大きければ大きいほど価値が高くなるため、1枚で10万円以上の価値が付くこともあります。

    角度ずれ通貨の買取相場

    角度ずれ通貨とは、打刻されたデザインの角度がずれている硬貨のことです。

    微妙に角度がずれていることが多いため、角度ずれ通貨は、非常に判別しにくいエラー通貨です。

    角度がずれている程度や状態によっても異なりますが、角度ずれ通貨の価値は数万円程度と言われています。

    角度ずれ通貨は、昭和40年代までに発行された10円玉で良く見つかると言われています。

    そのため、他のエラー通貨よりも比較的見つけやすいエラー通貨と言えるでしょう。

    刻印ずれ通貨の買取相場

    刻印ずれ通貨とは、硬貨の刻印が中央からずれている硬貨のことです。

    基本的に微妙なずれであることが多いため、刻印ずれ通貨も判別しにくいエラー通貨です。

    状態によって異なりますが、刻印ずれ通貨の価値は2000円前後と言われています。

    刻印ずれ通貨も、ずれの程度が大きければ大きいほど価値が高くなります。

    発行数がそれなりに多いと言われているため、比較的見つけやすいエラー通貨です。

    影打ち通貨の買取相場

    影打ち通貨とは、両面が同じ図柄になっている通貨のことです。

    影打ち通貨は、非常に希少価値が高い通貨なので、高値で取引されています。

    そのため、状態によっても異なりますが、20万円以上の価値がつくと言われています。

    傾打ずれ通貨の買取相場

    傾打ずれ通貨とは、表面と裏面のデザインの角度がずれている硬貨のことです。

    角度のずれが分かる小道具を使ってようやく分かるというレベルのものが多いため、判別しづらいエラー通貨です。

    状態やずれの程度によっても異なりますが、5万円以上の価値がつくと言われています。

    傾打ずれ通貨も、ずれの程度が大きければ大きいほど価値が高くなります。

    裏写り通貨の買取相場

    裏写り通貨とは、表面と裏面のデザインが重なっているように刻印された通貨のことです。

    特徴的な通貨なので、比較的見つけやすいエラー通貨です。

    状態によっても異なりますが、2万円以上の価値がつくと言われています。

    50円玉の裏写り通貨も価値が高いですが、10円玉の裏写り通貨はさらに価値が高く、5万円以上の価値がつくこともあります。

    ヘゲエラー通貨の買取相場

    ヘゲエラー通貨とは、硬貨に使われている金属が剥がれている通貨のことです。

    ヘゲエラー通貨は、他のエラー通貨に比べて、それほど価値は高くありません。

    状態によっても異なりますが、数千円程度の価値が付くと言われています。

    しかし、平成に入ってからは、ヘゲエラー通貨の発見数が極端に少なくなりました。

    そのため、平成のヘゲエラー通貨は他のヘゲエラー通貨よりも高値で取引される傾向にあります。

    希少性が高いエラー通貨

    エラー通貨の中には、希少性が高いエラー通貨が存在します。

    そのため、ここでは希少性が高いエラー通貨の種類を具体的に説明していきます。

    年号が新しいエラー通貨

    そもそも、エラー通貨というのは、製造技術が未熟であることが原因で誕生してしまう通貨です。

    しかし、時代が進むにつれて製造技術が進化したため、エラー通貨は発行されにくくなりました。

    エラー通貨が発行されにくくなると、世の中に出回るエラー通貨の数が減るので、自然と希少価値が高くなります。

    そのため、昔のエラー通貨よりも年号が新しいエラー通貨の方が、価値が高くなるのです。

    製造されていない年の通貨

    実は、流通用の硬貨が発行されなかった年というのが存在します。

    流通用通貨が発行されなかった年は、基本的に貨幣セットで使用する硬貨のみ発行されるので、その年の硬貨発行数は極端に少なくなります。

    そのため、流通用の硬貨が発行されなかった年の硬貨は価値が高くなることが多いのです。

    高く売れるドットコムで
    50円玉を無料査定する

    50円玉を買取してもらう時の注意点

    ここでは、50円玉を高価買取してもらう場合の注意点を具体的に説明していきます。

    可能な限り早く買取してもらう

    50円玉の買取を検討している場合は、なるべく早めに買取してもらいましょう。

    50円玉に限らず硬貨の価値は「状態」によって大きく左右されます。

    例えば、穴無しの五十円ニッケル貨の場合、状態が良いと1000円前後の価値がつきますが、状態がそれほど良くない場合は100円前後の価値になってしまいます。

    このように、状態によって価値が大きく異なるため、「買取してもらおう」と決めた場合は、一日でも早く買取査定に出しましょう。

    高く売れるドットコムで
    50円玉を無料査定する

    無理に汚れを落とそうとしない

    50円玉が汚れている場合、綺麗にしてから買取に出そうと考えている方が多いかと思います。

    しかし、50円玉を含む古銭は、「製造当時の状態が正しく残されているか」というところで評価されます。

    無理に汚れを落とし、製造当時の趣がなくなってしまった場合、価値は大きく下がるでしょう。

    そのため、無理に汚れを落とそうとせず、そのままの状態で買取査定に出しましょう。

    高く売れるドットコムで
    50円玉を無料査定する

    まとめ

    この記事では、価値がある50円玉の種類を初め、高価買取してもらいやすい50円玉の特徴や買取に出す場合の注意点などを具体的に説明してきました。

    様々な50円玉の中でも五十円ニッケル貨(穴無し・穴あり)は、比較的高い価値がつきます。

    そして、エラー通貨である場合、さらに高い価値がつきます。

    しかし、エラー通貨は判別しにくいものがほとんどです。

    そのため、「もしかして?」と思った場合は、一度買取専門業者に買取査定してもらいましょう。

    高く売れるドットコムで
    50円玉を無料査定する

    ▼高く売れるドットコムマガジンでは50円玉以外の旧貨幣・硬貨・紙幣の価値についてもご紹介しています。

    sirasaka / 編集長
    sirasaka / 編集長

    弊社マーケットエンタープライズが運営する総合買取サービス「高く売れるドットコム」にて査定業務や出張買取などに携わり、現場で培ったリアルな知見を活かし「満足できる買取体験」を提供すべく買取メディアの運用も行っています。 利用者様の買取にまつわる疑問を解決できる有益な発信のため、日々精進してまいります! リユース営業士資格保有(日本リユース業協会より授与)

    sirasakaの執筆記事一覧 ≫

    関連キーワード