旧千円札の価値が250倍に!種類と価値について徹底解説!

現在、旧千円札にはどのくらいの価値がついているのでしょうか?価値が下がっているものもあるのですが、額面の250倍の価値がついている旧千円札も存在します。そのため、今回は旧千円札の種類と価値について分かりやすく解説していきます。

齊藤数馬



旧千円札の価値が250倍に!種類と価値について徹底解説!

聖徳太子や伊藤博文が描かれている旧千円札。

旧紙幣は価値が高くなっていることが多いですが、旧千円札はどうなのでしょうか。

実は、額面の140倍~250倍の価値がついている旧千円札も存在します。

一攫千金も夢ではないので、旧千円札をお持ちであれば、一度買取査定に出してみましょう。

しかし、買取査定に出してみようと言われても、「自分の旧千円札はどのくらいの価値があるのか?」「どのような旧千円札だと価値があるのか?」という疑問を抱えている方も多いかと思います。

そのような方のために、この記事では旧千円札の種類と価値を初め、価値がある旧千円札の特徴や高価買取してもらうコツ、そして買取に出す場合の注意点などを具体的にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

旧千円札の種類と価値

ここでは、旧千円札の種類と価値を具体的に説明していきます。

甲号券

甲号券とは、1942年~1946年まで発行されていた旧千円札です。

表面には、日本武尊と建部神社が描かれており、裏面には彩紋が描かれているという特徴があります。

発行されていた期間が約5年と短く、そもそも発行されていた枚数が少なかったことから、甲号券には高い価値がついています。

状態別にみた甲号券の価値は以下の通りです。

未使用品 比較的状態が良い 普通
甲号券の価値 15万円~25万円 5万円~15万円 1万円~5万円

希少価値がかなり高い旧千円札なので、使用感があったとしても3万円前後の価値がつきます。

B号券

B号券とは、1950年から1965年まで発行されていた旧千円札です。

表面には聖徳太子が描かれており、裏面には法隆寺夢殿やNIPPON GINKOという文字が描かれているという特徴があります。

紙幣には「アルファベット+数字+アルファベット」の順で記番号が記載されていますが、その並びになったのはB号券からと言われています。

状態別にみたB号券の価値は以下の通りです。

未使用品 比較的状態が良い 普通
B号券の価値 2000円~1万5000円 1000円~5000円 1000円~1500円

B号券の価値は、記番号に記載されているアルファベットが2桁であるよりも1桁である方が高い傾向にあります。

C号券

C号券とは、1963年から1986年まで発行されていた旧千円札です。

表面には伊藤博文が描かれており、裏面には日本銀行が大きく描かれているという特徴があります。

C号券には、小さい文字を線や図柄の一部に入れ込む技術が採用されています。

状態別にみたC号券の価値は以下の通りです。

未使用品 比較的状態が良い 普通
C号券の価値 1000円~8000円 1000円~3000円 1000円~1500円

D号券

D号券とは、1984年から2007年まで発行されていた旧千円札です。

表面には夏目漱石が描かれており、裏面にはタンチョウと呼ばれる鳥が描かれているという特徴があります。

また、視覚障害者でも判別することができるように識別マークが施されています。

状態別にみたD号券の価値は以下の通りです。

未使用品 比較的状態が良い 普通
D号券の価値 1000円~1万円 1000円~3000円 ~1000円

価値がある旧千円札の特徴

価値がある旧千円札の特徴

ここでは、価値がある旧千円札の特徴を具体的に説明していきます。

一度も使用されていない

未使用品の旧千円札は、コレクターからの人気が高いため、基本的には額面以上の価値がつきます。

例えば、B号券は1万5000円の価値がつくこともありますし、甲号券は25万円の価値がつくこともあります。

発行番号が若い

発行番号が若い旧千円札には、高い価値がつくのですが、100番目までは基本的に博物館や施設などに寄贈されます。

100番目までは博物館や施設に寄贈されるため、基本的に市場に出回ることはありません。

市場に出回ることがないからこそ、市場に出回った場合はその旧千円札に驚くような価値がつきます。

旧千円札ではありませんが、実際に発行番号がA000007Aの1万円札に300万円の価値がついたこともあります。

そのため、発行番号が若い紙幣は「お宝紙幣」とも言われているのです。

アルファベットが1桁

記番号は「アルファベット+数字6桁+アルファベット」で構成されているのですが、そのアルファベットがA111111Aというように、1桁である場合、高い価値がつきます。

旧千円札の状態によっても異なりますが、アルファベットが1桁である場合、額面の1.5倍~2倍の価値がつくということも珍しくありません。

ちなみに、1週回ってしまうとAA111111Aというようにアルファベットが2桁になってしまいます。

ゾロ目になっている

A555555AやB999999Bというように、6桁の数字が全て同じである場合、その旧千円札には高い価値がつきます。

111111から999999まで9種類のゾロ目があるのですが、その中でもラッキーセブンと言われている7のゾロ目は人気が高く、他のゾロ目よりも高い価値がつきます。

また、ゾロ目ほどの価値は付きませんが、「011111」「001111」というように、4桁~5桁の数字が揃っている旧千円札も比較的高い価値がつくようです。

サンドイッチ番号になっている

A122221Aというように、始まりの数字と終わりの数字が同じで、残りの4桁の数字が全て揃っている記番号のことをサンドイッチ番号と言います。

サンドイッチ番号の旧千円札には、現在プレミアはついていませんが、額面の1.2倍~1.3倍の価値がつきます。

ラスト番号になっている

Z111111Zというように、Zで始まりZで終わる記番号のことをラスト番号、またはZZ券と呼びます。

ZZ券に限らず、ZZ111111ZというZZZ券も比較的高い価値がつきます。

状態によっても異なりますが、ラスト番号である旧千円札はプレミアがつくこともあるようです。

キリ番になっている

100000や800000というように、キリが良い数字になっている記番号のことをキリ番と言います。

未使用品や記番号が若いなど、他の種類と比べるとそれほど人気は高くありませんが、それでも額面の2倍~9倍の価値がつきます。

階段になっている

123456というように、記番号が1つずつ増えているものを階段と言います。

必ず123456でなければいけないという訳ではなく、数字が1つずつ増えていれば基本的には階段として扱われるようです。

つまり、234567や456789などでも階段として扱われます。

旧千円札の状態によっても異なりますが、3~5倍の価値がつきます。

エラープリントになっている

印刷がずれている場合や裏の印刷が表に写っている場合など、通常の印刷がされていないものをエラープリントと言います。

具体的には、以下のようなエラープリントがあります。

  • 印刷ずれ
  • 印刷ミス
  • 裁断ミス
  • 記号違い
  • 裏写り

    上記5つの中でも、「裏写り」は特に高い価値がつきます。

    数万円の価値がつくことは珍しくありませんし、数十万円の価値がつくこともあります。

    他にも額面の10倍以上の価値がつくエラープリントは多数存在するので、エラープリントの旧千円札をお持ちであれば、一度買取査定に出してみましょう。

    帯付きの束になっている

    旧千円札には、紙幣100枚を一つの束にした「帯付き」と呼ばれるものがあります。

    旧千円札を単品で出すよりも、このように帯付きで出すと付加価値がつくため、買取価格が高くなります。

    また、その中にエラープリントや珍しい記番号の旧千円札が含まれていると、価値がさらに高くなるようです。

    そのため、帯付きの旧千円札がある場合は、基本的に帯付きのまま買取査定に出しましょう。

    旧千円札を高価買取してもらうコツ

    ここでは、旧千円札を高価買取してもらうコツを具体的に説明していきます。

    複数店舗で査定してもらう

    旧千円札を買取査定に出す場合は、必ず複数店舗で買取査定してもらいましょう。

    少なくても、2社以上に買取査定してもらうことをおすすめします。

    なぜなら、細かい買取金額は店舗によって異なるからです。

    例えば、買取相場が1万円の旧千円札を持っていたとしましょう。

    買取相場は1万円ですが、全ての店舗が1万円で買い取る訳ではありません。

    8000円で買い取る店舗もあれば、1万5000円で買い取る店舗も存在します。

    結局のところ、いくらで買い取るのかはお店次第です。

    そのため、高く売りたい場合は、複数店舗で査定してもらい、最も高い金額を提示してくれた店舗で買取してもらいましょう。

    汚れは落とさない

    バイクや車などは、綺麗にしてから買取に出した方が高く売れる傾向がありますが、旧千円札は綺麗にすると価値が下がってしまう場合があるので注意しましょう。

    なぜなら、旧千円札は、その古さに価値を見出している方が多いからです。

    そのため、汚れがあったとしても基本的には何もせず、そのままの状態で買取査定に出しましょう。

    「買取してほしい」と思った場合は即行動する

    旧千円札は、時間の経過と共に劣化していきます。

    劣化していくと、当然のことながら価値も下がっていきます。

    つまり、今日買取してもらうのと半年後に買取してもらうのとでは、前者の方が高確率で高い価値がつきます。

    そのため、「旧千円札は売る」ということをすでに決めているのであれば、なるべく早く買取査定に出しましょう。

    旧千円札を買取に出す場合の注意点

    旧千円札を買取に出す場合の注意点は、以下2つです。

  • 銀行では両替しない
  • ネットオークションに出品しない

  • 特に、買取に出すのが面倒だからといって、銀行で両替するというのは避けてください。

    なぜなら、両替する場合は額面通りの価値にしかならないからです。

    例えば、未使用品の甲号券を持っていたとしましょう。

    未使用品なので、15万円~25万円の価値がつくこともあります。

    しかし、両替する場合は1000円の価値しかつかないのです。

    つまり、14万9000円~24万9000円損していることになります。

    そのため、額面以上の価値がある旧千円札をお持ちであれば、高く売れるドットコムやバイセルなど、買取を行っている店舗で買取査定してもらいましょう。

    古銭買取ならバイセルがおすすめ

    バイセル|古銭買取

    古銭買取の最大手といわれる業者です。古銭に汚れ、折れ、傷などがあっても基本的には問題ないので、迷ったらまずはこちらでの査定を考えてみてもいいかもしれません。

    バイセルの査定は、基本的に日本全国で対応しています。また女性査定員もいるので、女性のかたでも安心です。

    ※季節事情または一部地域は出張査定が難しい場合があるため、住んでいる場所が出張買取に対応しているか24時間受付のコールセンターまで問い合わせてみてください。

    また、売却後に万が一、「やっぱりまだ手元に残しておきたい」と思った場合、売却から8日以内であれば、電話一本でキャンセル(クーリング・オフ)することもできます。

    出張・査定料 全国どこでも無料・キャンセル料も無料
    電話問い合わせ有無 あり
    サービスの特徴
  • お問い合わせ・お申し込みから最短で即日対応可
  • 出張買取・持込買取に対応
  • 査定料、送料、出張料などの手数料が無料
  • 査定経験豊富な査定員や女性スタッフが対応
  • 電話・WEBで申し込みや問い合わせ可能

  • バイセルで古銭を無料査定する

    まとめ

    この記事では、旧千円札の種類と価値を初め、価値がある旧千円札の特徴や高価買取してもらうコツ、そして買取に出す場合の注意点などを具体的に説明してきました。

    旧千円札は4種類ありますが、その中でも未使用品の甲号券は15万円~25万円の価値がつきます。

    倍率で計算すると、額面の140倍~250倍です。

    もちろん、甲号券以外の旧千円札でも数十万円の価値がつくこともあります。

    そのため、珍しい旧千円札をお持ちの場合は、一度買取査定に出してみてはいかがでしょうか。

    高く売れるドットコムマガジンをご覧になった方へ

    業界最大級の高価買取サービス|高く売れるドットコム

    業界最大級の買取サービス「高く売れるドットコム」を利用しませんか? 買取対象品は家電、楽器、カメラ、オーディオ機器、フィギュアはもちろん、貴金属や骨董品まで幅広く対応しています。

    全国に買取店舗があり、持込による店頭買取査定を受けることも可能です。東京、大阪、福岡、北海道など主要都市で店舗を運営しています。

    ウェブで買取価格がすぐにわかる無料事前査定が好評。全国のリサイクルショップへ一括査定が可能な「おいくら」へも同時に申し込み可能です。

    上場企業が運営する買取サービスをぜひお試しください。

    簡単60秒の無料査定はこちら

    ※調査実施:株式会社ショッパーズアイ ※調査方法:インターネット調査
    ※調査期間:2020年1月31日~2月2日 ※調査対象:1044名、男女20〜79歳
    ※調査概要:家電買取サービス10サービスを対象にしたサイト比較イメージ調査
    ※比較対象企業:''家電買取サービス'' Google検索 (2020年1月23日 時点)

    齊藤数馬 / 編集長
    齊藤数馬 / 編集長

    買取業界のWebマーケティングに携わり4年目の高く売れるドットコムマガジン編集長。家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。

    関連キーワード