ギザ10の価値がすごい?年代別に買取相場を徹底解説!

今では珍しい硬貨となったギザ10。珍しい硬貨は価値が高いと言われていますが、ギザ10はどうなのでしょうか?今回は、「ギザ10の価値と買取相場」について分かりやすく解説していきます。

saito



ギザ10の価値がすごい?年代別に買取相場を徹底解説!

側面がギザギザしていることで有名なギザ10。すでに発行停止になっているため、比較的珍しい10円玉です。

比較的珍しい10円玉なので、「買取に出してみようかな」と思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、そこで気になるのは、「ギザ10は本当に価値があるのか?どのくらいの価値があるのか?」ということだと思います。

そのような方のために、この記事ではギザ10の概要を初め、ギザ10の買取相場やギザ10を高価買取してもらう方法などを具体的にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

※ギザ10の買取価格は状態や時期により大幅に変動します。お持ちの品物の買取価格を保証するものではなく、あくまで参考としてご覧ください。

古銭を売ろうとお考えの方は、古銭やプレミア硬貨の買取相場をチェックし、おすすめの買取業者を紹介している記事もあわせてご覧ください。

ギザ10の基礎知識

「そもそも、ギザ10とは何なのか?」という方も多いかと思います。

そのため、ここではギザ10の概要を具体的に説明していきます。

ギザ10とは

10円玉の側面は、基本的につるつるしています。

しかし、ギザ10という10円玉は、側面がギザギザしています。

「側面がギザギザしている10円玉」ということから、ギザ10と言われているのです。

ギザ10はいつからいつまで製造されたのか

ギザ10は、長い間発行され続けてきたわけではありません。

ギザ10と言われる10円玉が発行されていたのは、1951年から1958年までの7年間です(1956年のみ発行されていない)。

年代別に見たギザ10の発行枚数は以下の通りです。

製造された年代 発行枚数
1951年(昭和26年) 1億106万8000枚
1952年(昭和27年) 4億8663万2000枚
1953年(昭和28年) 4億6630万枚
1954年(昭和29年) 5億2090万枚
1955年(昭和30年) 1億2310万枚
1956年(昭和31年) 0枚
1957年(昭和32年) 5000万枚
1958年(昭和33年) 2500万枚

ギザ10が製造された理由

では、なぜギザ10が製造されるようになったのでしょうか。

ギザ10が製造された理由は、主に2つあります。

  • 金や銀などの貴金属貨幣の外縁が削り取られてしまうのを防ぐため
  • 当時は10円玉が最高額面の貨幣だったため

  • 現在は、100円玉や500円玉があるため、10円玉の価値はそれほど高くありません。

    しかし、10円玉が発行された当時は10円玉が最高額面の貨幣だったため、他の貨幣と区別するためにギザギザがつけられたと言われています。

    ギザ10の買取相場

    気になるギザ10の買取相場ですが、一体どのくらいの価格で取引されているのでしょうか。

    比較的状態が良いギザ10の買取相場は以下の通りです。

    製造された年代 買取相場(状態が比較的良い場合)
    1951年(昭和26年) 15円
    1952年(昭和27年) 11円
    1953年(昭和28年) 11円
    1954年(昭和29年) 11円
    1955年(昭和30年) 11円
    1957年(昭和32年) 30円
    1958年(昭和33年) 70円

    比較的状態が良いギザ10の買取相場は、11円~70円ということが分かります。

    ちなみに、オークションサイトでの平均落札相場は115円でした。

    参考:ヤフオク!|「ギザ10」の落札相場・落札価格

    ギザ10はプレミアがつきにくい

    ギザ10は、確かに珍しい硬貨ですが、発行された枚数が比較的多いため、プレミアがつきにくい硬貨です。

    プレミアがつきにくいことから、比較的状態が良いギザ10でも最高70円の価値しかつきません。

    状態が良いギザ10は5万円以上で買い取られることも

    先ほどお伝えしたギザ10の買取相場を見て、「ギザ10は価値がないのか」と思ってしまった方が多いかと思います。

    しかし、未使用品のギザ10は5万円以上の価値がつくこともあります。

    実際に、未使用品であるギザ10の買取相場を見てみましょう。

    製造された年代 買取相場(未使用品)
    1951年(昭和26年) 6万円前後
    1952年(昭和27年) 1万8,000円前後
    1953年(昭和28年) 1万8,000円前後
    1954年(昭和29年) 1万8,000円前後
    1955年(昭和30年) 2万5,000円前後
    1957年(昭和32年) 4万円前後
    1958年(昭和33年) 5万円前後

    上記の表を見る限り、1951年(昭和26年)に発行された未使用品のギザ10が最も価値が高く、額面の6,000倍の価値がつくということがわかります。

    1951年(昭和26年)のギザ10の価値が最も高い理由としては、主に2つあります。

  • 他のギザ10に比べて発行枚数が少なかったため
  • 初めて発行されたギザ10であるため

  • 次に買取価格が高い1958年(昭和33年)のギザ10は、「発行枚数が少ないため」「最後に製造されたため」という理由から高い価値がついています。

    ギザ10を高価買取してもらう方法

    ここでは、ギザ10を高価買取してもらう方法を具体的に説明していきます。

    直射日光と湿気を避けて保管する

    ギザ10に限ったことではありませんが、硬貨は直射日光や湿気などが原因で錆びてしまうことがあります。

    錆びてしまうことがあるため、基本的にギザ10は、直射日光と湿気を避けて保管しておきましょう。

    可能であれば、コレクションケースに入れて、風通しが良い場所で保管することをおすすめします。

    なるべく素手で触らない

    ギザ10は、直射日光や湿気などが原因で錆びてしまうのですが、他にも指紋や油汚れなどによって錆びてしまうことがあります。

    指紋や油汚れなどで錆びてしまうこともあるため、なるべく素手では触らないようにしましょう。

    ギザ10に触れる場合は、ゴム手袋や布などを使うことをおすすめします。

    なるべく洗浄や研磨はしない

    ギザ10が汚れている場合、洗ったり磨いたりして綺麗にしたくなりますが、汚れていてもなるべく洗浄や研磨は行わないようにしましょう。

    ギザ10を含む硬貨は、製造当時の状態がどのくらい残っているかで価値が決まります。

    そのため、下手に洗浄したり磨いたりしてしまうと製造当時の状態が分からなくなってしまうため、価値が下がってしまうことがあります。

    基本的に洗浄したり磨いたりすれば取れるような汚れは、査定士も「洗えば取れる」ということが分かっているため、それほど査定には影響しません。

    そのため、下手に洗浄や研磨はせず、そのままの状態で査定に出しましょう。

    ギザ10以外にも価値がある10円玉が存在する

    実は、ギザ10以外にも価値がある10円玉は存在します。

    どのような10円玉なのかというと、昭和61年に発行された、通称「昭和61年後期」と呼ばれる10円玉です。

    状態によっても異なりますが、昭和61年後期と呼ばれる10円玉の買取相場は、2万円~5万円です。

    昭和61年には、裏面に描かれている鳳凰堂のデザインが多少異なる「前期10円玉」と「後期10円玉」の2種類が発行されました。

    価値が高い昭和61年後期の10円玉は、昭和62年プルーフ貨幣に封入されていた10円玉と同じ図案になっています。

    昭和61年に発行された前期の10円玉と後期の10円玉の見分け方は以下の通りです。

  • 後期は前期よりも屋根の先端が鋭角
  • 後期は屋根に切れ目がない
  • 鳳凰堂の中部にある階段の縦線上部が前期は分離しているが、後期は融合している
  • ギザ10の他にも価値がある古銭が存在する

    ギザ10の他にも価値がある古銭が存在する

    「ギザ10以外に価値がある古銭はないのだろうか?」と思っている方も多いかと思います。

    そのため、ここではギザ10以外にも価値がある古銭の種類を具体的に説明していきます。

    1円玉

    ギザ10以外に価値がある古銭1つ目は、「1円玉」です。価値がある1円玉の種類と買取相場は以下の通りです。

    製造された年代 買取相場(状態が比較的良い場合)
    平成12年 70円
    平成13年 100円
    平成14年 100円

    5円玉

    ギザ10以外に価値がある古銭2つ目は、「5円玉」です。価値がある5円玉の種類と買取相場は以下の通りです。

    製造された年代 買取相場(状態が比較的良い場合)
    1949年(昭和24年) 30円
    1950年(昭和25年) 30円
    1951年(昭和26年) 30円
    1952年(昭和27年) 50円
    1953年(昭和28年) 50円
    1957年(昭和32年) 500円
    1958年(昭和33年) 50円
    1959年(昭和34年) 70円
    1960年(昭和35年) 60円
    1961年(昭和36年) 50円
    1962年(昭和37年) 40円
    1963年(昭和38年) 30円
    1964年(昭和39年) 30円
    1965年(昭和40年) 30円
    1966年(昭和41年) 30円
    1967年(昭和42年) 70円
    1968年(昭和43年) 40円
    2000年(平成12年) 100円

    50円玉

    ギザ10以外に価値がある古銭3つ目は、「50円玉」です。価値がある50円玉の種類と買取相場は以下の通りです。

    製造された年代 買取相場(状態が比較的良い場合)
    1959年(昭和34年) 150円
    1960年(昭和35年) 1,500円
    1961年(昭和36年) 300円
    1985年(昭和60年) 150円
    1986年(昭和61年) 150円
    1987年(昭和62年) 8,000円
    2000年(平成12年) 400円
    2001年(平成13年) 100円
    2002年(平成14年) 200円
    2003年(平成15年) 200円

    100円玉

    ギザ10以外に価値がある古銭4つ目は、「100円玉」です。価値がある100円玉の種類と買取相場は以下の通りです。

    製造された年代 買取相場(状態が比較的良い場合)
    2001年(平成13年) 300円
    2002年(平成14年) 200円

    500円玉

    ギザ10以外に価値がある古銭5つ目は、「500円玉」です。

    価値がある500円玉の種類と買取相場は以下の通りです。

    製造された年代 買取相場(状態が比較的良い場合)
    1987年(昭和62年) 1,200円
    1989年(昭和64年) 600円

    エラーコイン

    ギザ10以外に価値がある古銭6つ目は、エラーコインです。

    エラーコインは穴が開いている場所に穴が開いていなかったりデザインがずれていたりと、何かしらのエラーが発生しているコインのことです。

    エラーコインの種類と買取相場は以下の通りです。

    エラーコインの種類 買取相場
    穴無しコイン 20万円前後
    穴ずれコイン 5万円前後
    角度ずれコイン 5万円前後
    刻印ずれコイン 2,000円前後
    影打ちコイン 20万円前後
    裏写りコイン 2万円前後
    ヘゲエラーコイン 5,000円
    傾打ずれコイン 5万円前後

    記念硬貨もあるなら買取プレミアム

    買取プレミアム

    買取プレミアムは、バイセルと同系列で古銭買取に強い実績を持つ大手の業者です。相談料・キャンセル料など一切無料で、8日以内のクーリング・オフも完備、日本全国対応で女性査定員もいるので安心です。

    他社と違い24時間365日いつでも対応OKという強みや、記念硬貨の買取額が高いという特徴など、買取プレミアムならではのメリットも。

    古銭だけでなく記念硬貨も多く所有しているというかたは、買取プレミアムがおすすめです。

    訪問・査定料 全国どこでも無料・キャンセル料も無料
    電話問い合わせ有無 あり
    サービスの特徴
  • 出張買取・持込買取に対応 24時間受付可
  • 査定料、送料、キャンセル料などの手数料が無料
  • 女性査定員が在籍しており、安心して相談可能
  • クーリングオフ可能、アフターフォローも万全

  • 今すぐ買取プレミアムで無料査定

    古銭買取ならバイセルがおすすめ

    バイセル|古銭買取

    バイセルは、古銭買取の最大手といわれる業者です。古銭に汚れ、折れ、傷などがあっても基本的には問題ないので、迷ったらまずはこちらでの査定を考えてみてもいいかもしれません。

    バイセルの査定は、基本的に日本全国で対応しています。また女性査定員もいるので、女性のかたでも安心です。

    ※季節事情または一部地域は出張査定が難しい場合があるため、住んでいる場所が出張買取に対応しているか24時間受付のコールセンターまで問い合わせてみてください。

    また、売却後に万が一、「やっぱりまだ手元に残しておきたい」と思った場合、売却から8日以内であれば、電話一本でキャンセル(クーリング・オフ)することもできます。

    出張・査定料 全国どこでも無料・キャンセル料も無料
    電話問い合わせ有無 あり
    サービスの特徴
  • お問い合わせ・お申し込みから最短で即日対応可
  • 出張買取・持込買取に対応
  • 査定料、送料、出張料などの手数料が無料
  • 査定経験豊富な査定員や女性スタッフが対応
  • 電話・WEBで申し込みや問い合わせ可能

  • バイセルで古銭を無料査定する

    まとめ

    この記事では、ギザ10の概要を初め、ギザ10の買取相場やギザ10を高価買取してもらう方法、そしてギザ10以外に価値がある古銭の種類などを具体的に説明してきました。

    ギザ10は、発行された枚数が多いため、価値はそれほど高くありません。

    しかし、1951年(昭和26年)~1953年(昭和30年)に発行されたギザ10は、買取価格が1万円を超えています。

    価値があるギザ10も存在するため、珍しいギザ10を所有している場合は、一度買取査定に出してみましょう。

    saito / ライター
    saito / ライター

    家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。

    関連キーワード