• 古銭買取

5円玉の価値はどれくらいあるの?種類別に買取相場を徹底解説!

明治時代の5円玉や大正時代の5円玉など、様々な5円玉が存在しますが、高値で取引されている5円玉も存在します。今回は「価値が高い5円玉の種類や特徴」をメインに分かりやすく解説していきます。

saito

5円玉の価値はどれくらいあるの?種類別に買取相場を徹底解説!

明治4年に初めて発行された5円玉。時代と共に形や図柄が変わったため、様々な5円玉が存在します。

様々な5円玉が存在する中、1枚数万円、数十万円以上の価値がついている5円玉も存在するとのことで、昔の5円玉を所有している場合は、一度買取査定に出してみてはいかがでしょうか。

しかし、そこで気になるのは「どのような5円玉だと価値が高いのか?」ということだと思います。

そのような方のために、この記事では5円玉の概要を初め、価値が高くなりやすい5円玉の特徴や価値がある5円玉の種類、そして高価買取してもらうコツなどを具体的にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

5円玉の基礎知識

5円玉は、明治4年に初めて誕生し、100年以上に渡って利用され続けている硬貨です。

現在の5円玉は、中央に穴が開いており、黄銅で作られていますが、発行された当時は穴が空いておらず、金で作られていました。

現在のように穴が開いた理由は、視覚障害者でも簡単に判別できるようにするためと言われています。

価値が高くなりやすい5円玉の特徴

価値が高くなりやすい5円玉の特徴

ここでは、価値が高くなりやすい5円玉の特徴を具体的に説明していきます。

※価値については品質や査定時期等により異なります。

付加価値がある

基本的に5円玉は5円の価値しかありません。

それなのに対して、5円以上の価値があるということは、その5円玉でなければいけない理由があるはずです。

つまり、付加価値がある5円玉は価値が高くなりやすいという特徴があります。

例えば、「昔の5円玉」と「美術品として扱われていた5円玉」があった場合、基本的には後者の方が前者よりも価値が高いと言えるでしょう。

なぜなら、「美術品として扱われていた」という付加価値があるからです。

希少価値がある

付加価値に似ているところがありますが、5円玉に希少価値がある場合は価値が高くなる傾向があります。

例えば、歴史的価値がある5円玉や美術品として扱われていた5円玉は、基本的に価値が高いとみなされます。

しかし、歴史的価値がある5円玉や美術品として扱われていた5円玉が大量に製造されていた場合はどうでしょうか。

他の5円玉に比べて付加価値はあるかもしれませんが、希少価値は極めて低くなります。

つまり、付加価値が高い場合でも希少価値が低い場合は、総合的に見て「価値が低い」と判断されてしまう可能性があります。

希少な素材が使われている

5円玉は、全て同じ素材で作られているわけではありません。

様々な素材で作られている中、金やアルミニウムなど希少な素材が使われている場合は、価値が高くなる傾向があります。

このように、希少な素材が使われている5円玉の価値は、重さや大きさなどで決められることが多い傾向にあります。

何かの記念で作られた硬貨

オリンピック開催年や国の生誕祭など、何かしら大きなイベントがあるときは、記念硬貨が発行される場合があります。

記念硬貨はその年にしか製造されないため、その硬貨には付加価値と高い希少価値がつきます。

そのため、記念硬貨の多くは現在も高値で取引されています。

価値がある5円玉の種類の価値・買取価格相場

価値がある5円玉の種類

ここでは、価値がある5円玉の種類を具体的に説明していきます。

旧5円玉の価値・買取価格相場

旧5円玉は、明治3年から明治4年まで発行されていた5円玉です。

「龍の図柄が描かれている」「現代の5円玉よりも艶やかな金色」という2つの特徴があります。

状態別に見た旧5円玉の価値は以下の通りです。

未使用品 美品 普通
旧5円玉の価値 20万円程度 6万円~14万円 2万円~6万円

旧5円玉の中には、他の5円玉よりも龍の図柄が鮮明に描かれているものがあります。

この5円玉は、「明瞭ウロコ」と呼ばれており、他の旧5円玉よりも価値が高いと言われています。

おすすめの5円玉買取業者をチェックする

新5円玉の価値・買取価格相場

新5円玉は、明治30年から昭和5年まで発行されていた5円玉です。

表面には、五圓の額面が描かれており、裏面には日章図と八稜線の意匠が描かれています。

状態別に見た新5円玉の価値は以下の通りです。

未使用品 美品 普通
新5円玉の価値 5万円~20万円 2万円~8万円 5000円~2万円

新5円玉の中でも、昭和5年に発行された新5円玉は最も価値が高いと言われており、未使用品である場合、400万円~600万円で取引されることもあります。

おすすめの5円玉買取業者をチェックする

穴無しの5円玉の価値・買取価格相場

出典:日本銀行

穴無しの5円玉は、別名「5円黄銅貨」と呼ばれており、昭和23年から昭和24年まで発行されていた5円玉です。

通常、5円黄銅貨は中央に穴が開いているのですが、この5円玉は穴が開いていないという特徴があります。

また、表面には国会議事堂が描かれており、裏面にはハトや梅花が描かれているという特徴もあります。

状態別に見た穴無しの5円玉の価値は以下の通りです。

未使用品 美品 普通
穴無しの5円玉の価値 120円~800円 5円~50円 ~5円

発行された年数は2年間と短いですが、発行された枚数が比較的多いため、希少価値はそれほど高くありません。

おすすめの5円玉買取業者をチェックする

楷書体の5円黄銅貨の価値・買取価格相場

出典:日本銀行

楷書体の5円黄銅貨は、昭和24年から昭和33年まで発行された5円玉です。

表面には稲穂・水・歯車の意匠が描かれています。

また、5円黄銅貨に記載されている文字がすべて筆で書いたような楷書体であることから、「フデ五」とも呼ばれています。

状態別に見た楷書体の5円黄銅貨の価値は以下の通りです。

未使用品 美品 普通
楷書体の5円黄銅貨 200円~1万2000円 5円~50円 5円前後

特に、昭和27年に発行された楷書体の5円黄銅貨は価値が高く、1枚1万円以上の価値が付く場合があります。

おすすめの5円玉買取業者をチェックする

ゴシック体の5円玉の価値・買取価格相場

ゴシック体の5円玉は、昭和34年から現在まで発行されている5円玉です。

図柄や意匠は、楷書体の5円黄銅貨と同じですが、文字が全てゴシック体で書かれているという特徴があります。

状態別に見たゴシック体の5円玉の価値は以下の通りです。

未使用品 美品 普通
ゴシック体の5円玉 5円~1000円 5円~500円 5円~500円

特に、平成22年~25年に発行されたゴシック体の5円玉は、比較的価値が高く、1枚で500円以上の価値が付くこともあります。

おすすめの5円玉買取業者をチェックする

アルミフデ五の価値・買取価格相場

アルミフデ五とは、昭和26年に発行された試鋳貨と呼ばれる見本の5円玉です。

デザインは、楷書体の5円黄銅貨(フデ五)と変わりませんが、アルミフデ五はアルミニウムで作られているのが大きな特徴です。

アルミフデ五の現存数は、世界で数枚と言われており、未使用品であれば、100万円近くの価値がつくと言われています。

おすすめの5円玉買取業者をチェックする

財務省放出金貨の価値・買取価格相場

財務省放出金貨とは、財務省が保有していた旧5円玉・新5円玉を含む近代金貨のことです。

財務省は平成17年に近代金貨を出品し、5円金貨は数十万円で落札されました。

財務省放出金貨は、未使用品の金貨が専用のケースに封入されているため、品質も非常に良好です。

そのため、財務省放出金貨を買取査定に出した場合、非常に高い金額で取引されることが予想されます。

おすすめの5円玉買取業者をチェックする

おすすめの5円玉の買取業者3選

この項目では、おすすめの古銭買取業者をご紹介します。

記念硬貨や古銭、旧紙幣の買取なら「高く売れるドットコム」

高く売れるドットコム

高く売れるドットコムは10万件超えの買取実績のある買取サービスです。

運営元も東証一部上場企業で、安心して取引ができます。

古銭や旧紙幣など専門的な知識や目利きが必要な品物も、プロのバイヤーがしっかりと査定してくれます。

買取方法は出張、宅配、店頭の3つがあり、バイヤーの査定のもと最適な買取方法を提案してくれるため、買取方法に悩むこともありません。

またWEBや電話0120-503-864では、無料で事前査定を行うことができます。
電話はその場ですぐに査定してくれるため、忙しい方やとりあえずいくらか知りたい方の利用におすすめです。

古銭・旧紙幣の買取については、商品名に硬貨・紙幣の種類を入力すれば買取額や種類について担当の方が確認してくれるので、簡単に売却が可能です。

訪問・査定料 全国どこでも無料・キャンセル料も無料
電話問い合わせ有無 0120-503-864
年末年始除く 9:15~21:00
サービスの特徴
  • 出張買取・持込買取、宅配買取から最適な方法で買取
  • 査定料、送料、キャンセル料などの手数料が無料
  • WEB・電話で無料の事前査定ができる

  • 5円玉がいくらで売れるか査定する

    記念硬貨もあるなら買取プレミアム

    買取プレミアム

    買取プレミアムは、バイセルと同系列で古銭買取に強い実績を持つ大手の業者です。相談料・キャンセル料など一切無料で、8日以内のクーリング・オフも完備、日本全国対応で女性査定員もいるので安心です。

    他社と違い24時間365日いつでも対応OKという強みや、記念硬貨の買取額が高いという特徴など、買取プレミアムならではのメリットも。

    古銭だけでなく記念硬貨も多く所有しているというかたは、買取プレミアムがおすすめです。

    訪問・査定料 全国どこでも無料・キャンセル料も無料
    電話問い合わせ有無 あり
    サービスの特徴
  • 出張買取・持込買取に対応 24時間受付可
  • 査定料、送料、キャンセル料などの手数料が無料
  • 女性査定員が在籍しており、安心して相談可能
  • クーリングオフ可能、アフターフォローも万全

  • 今すぐ買取プレミアムで無料査定

    古銭買取も行うバイセル

    バイセル|古銭買取

    古銭買取の最大手といわれる業者です。古銭に汚れ、折れ、傷などがあっても基本的には問題ないので、迷ったらまずはこちらでの査定を考えてみてもいいかもしれません。

    バイセルの査定は、基本的に日本全国で対応しています。また女性査定員もいるので、女性のかたでも安心です。

    ※季節事情または一部地域は出張査定が難しい場合があるため、住んでいる場所が出張買取に対応しているか24時間受付のコールセンターまで問い合わせてみてください。

    また、売却後に万が一、「やっぱりまだ手元に残しておきたい」と思った場合、売却から8日以内であれば、電話一本でキャンセル(クーリング・オフ)することもできます。

    出張・査定料 全国どこでも無料・キャンセル料も無料
    電話問い合わせ有無 あり
    サービスの特徴
  • お問い合わせ・お申し込みから最短で即日対応可
  • 出張買取・持込買取に対応
  • 査定料、送料、出張料などの手数料が無料
  • 査定経験豊富な査定員や女性スタッフが対応
  • 電話・WEBで申し込みや問い合わせ可能

  • バイセルで古銭を無料査定する

    古銭を売ろうとお考えの方は、古銭やプレミア硬貨の買取相場とおすすめの買取業者を紹介している記事もあわせてご覧ください。

    価値がある5円玉をさらに高価買取してもらうコツ

    価値がある5円玉をさらに高価買取してもらうコツ

    ここでは、価値がある5円玉をさらに高価買取してもらうコツを具体的に説明していきます。

    古銭買取業者に買取してもらう

    価値がある5円玉は、基本的に古銭買取業者に買取してもらいましょう。

    もちろん、全国にある有名なリサイクルショップでも買取してもらえるかと思いますが、適切な価値で買取してもらえない場合があります。

    なぜなら、古銭買取を専門にしているわけではないため、古銭の価値を見抜けない可能性があるからです。

    その反面、古銭買取業者は、古銭の知識が豊富な査定士が査定するため、適切な価値で買い取ってもらえる可能性が高くなります。

    そのため、なるべく古銭買取業者に買取査定してもらいましょう。

    下手に磨かない

    買取に出す場合、基本的には汚れているよりも綺麗な方が良いでしょう。

    実際、買取してもらう前に綺麗にしたことで買取価格がアップしたという事例もあります。

    しかし、古銭は非常にデリケートな品物です。

    デリケートな品物であるため、素人が下手に磨いてしまうと逆に傷をつけてしまう可能性があります。

    もちろん、キズが付いた場合は価値が下がります。

    また、磨きすぎた場合、貨幣損傷とみなされ、罰せられてしまうかもしれません。

    様々なリスクがあるため、古銭は基本的にそのままの状態で買取に出しましょう。

    ▼正しいコイン・硬貨の磨き方については以下記事で解説しています。

    なるべく早めに買取してもらう

    5円玉を買取に出すと決めているのであれば、なるべく早めに買取してもらいましょう。

    5円玉は、金属で作られているため、経年劣化によって錆びてしまう場合があります。

    「錆ついていない5円玉」と「錆ついている5円玉」では、もちろん前者の方が、価値が高いと言えるでしょう。

    買取に出すかまだ悩んでいるという場合は、錆つかないように保管環境に気を使い、丁寧に保管しておきましょう。

    おすすめの5円玉買取業者をチェックする

    5円玉を売却する方法

    ここでは、5円玉を売却する方法を具体的に説明していきます。

    買取業者に買取してもらう

    一般的な売却方法は、業界最大級の高価買取サービスを提供している高く売れるドットコムや古銭の買取実績があるバイセルなどの買取業者に買取してもらうという方法です。

    その他にも、骨董品屋や質屋などで買取してもらうことも出来ます。

    買取専門業者に依頼するメリットは、「知識があるスタッフが査定してくれる」ことです。

    知識があるスタッフがしっかりと見極め、適切な価値で買取してくれるため、安値で買い叩かれることはほぼありません。

    フリマアプリで売却する

    5円玉をフリマアプリで売却するという方法もあります。

    フリマアプリは、自分で自由に販売価格を決めることが出来るため、希望する金額で5円玉を売ることが出来ます。

    しかし、フリマアプリは個人間の取引なので、トラブルがあった場合は自分たちで解決しなくてはいけません。

    そのため、なるべくリスクを低くして気持ちよく売却したいという方は、フリマアプリではなく、買取専門業者に買取してもらいましょう。

    まとめ

    この記事では、5円玉の概要を初め、価値が高くなりやすい5円玉の特徴や価値がある5円玉の種類、そして高価買取してもらうコツなどを具体的に説明してきました。

    様々な種類の5円玉がありますが、その中でも「昭和5年に発行された未使用品の新5円硬貨」は、1枚400万円~600万円の価値があると言われています。

    そのため、もしも珍しい5円玉を所有している場合は、一度買取専門業者に買取査定してもらいましょう。

    もしかしたら、驚くような価値が付いているかもしれません。

    ▼高く売れるドットコムマガジンでは500円札以外の旧貨幣・硬貨・紙幣の価値についてもご紹介しています。

    saito / ライター
    saito / ライター

    家電や家具、楽器、車から不動産まであらゆるモノの買取・処分方法のコツを紹介していきます。

    関連キーワード